経済

政府支援の後、2020年に日本で記録された低破産件数 – レポート

MOSCOW(UrduPoint News / Sputnik-2021年1月13日)日本はコロナウイルス感染症で、企業に政府の支援を提供した結果、2020年の30年間の企業倒産の中で最も低い数値を記録したと水曜日のメディアが報じた。 研究の会社。

共同通信が引用した東京翔子リサーチの資料によると、負債が96,000ドル以上の企業の倒産は、2019年に比べて7.3%減少した7,773件、1989年に企業倒産が7,234件記録された後、最も低かった。 この数値には、伝染病に関する792件の破産が含まれます。

ニュース媒体は担保のない無利子融資を含む中小企業を支援するために、政府が取った措置により、下落したと説明しました。

同時に、負債が$ 96,000未満の倒産件数は、2020年に23%増加した630件のレストランや観光部門の中小企業が伝染病の最も大きな打撃を受けました。

日本は1月に最初の日に6,000件を超える新しい事例を掲載して最初の二つの件を矮小にする第三電波のうちにあります。 保健当局は、これまで全国的に30万件を超える事例と4,200件以上の関連の死者を登録しました。

先週菅義偉首相はCOVID-19の事例が急増した後、日本東京、千葉、神奈川、埼玉県で2月7日まで利用できる第二の緊急事態を宣言しました。 緊急事態は後で7つの県に拡大しました。

READ  DOE、水素の使用の研究のために、日本のグループを活用

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close