スポーツ

救世主:Google シークレットモードはどのようにあなたのブラウザを守るのか

インターネットの閲覧は、わたしたちのオンライン活動には欠かせません。仕事のため、学校の授業の調べもののため、次回のバーゲンを探すため、もしくはcasinoでほんの数分だけ楽しむためには、常に信頼できるブラウザが必要です。ブラウザにはたくさんの選択肢がありますが、慎重さを求めるのならば、Google Chromeのシークレットモードをお勧めします。

あなたがお気に入りのオンラインショップやソーシャルメディアのサイトにアクセスする度、ブラウザはそれらのサイトのクッキーを端末に保存していきます。つまり、サイトのデータの一部があなたのパソコンやスマートフォンに保存されるため、再度そのサイトにアクセスした時に、あなたの正体が記憶されるということになります。

これは、eBayやAmazonのカートに商品を入れたままにしておきたい場合や、ブラウザを開ける度にGmailやTwitterにログインするのが面倒な場合など、こうしたある特定の状況では非常に便利でもあります。しかし、検索履歴が保存され、ウェブサイトがあなたのオンライン活動にアクセスできてしまうことには、不利な点もいくつかあります。

こうした情報は、企業がマーケティング・キャンペーンに活用するものです。主にソーシャルメディアのサイトにアクセスしたり、Googleで直接何かを検索したりする度に、特定の広告が毎回表示されるのはそのためです。しかし幸いにも、Google シークレットモードを使えば、ブラウザを閉じた時にサイトデータが保存されることもなく、ブラウザを非公開状態にすることができます。

シークレットモードは何をしてくれるのか?

実際、Google シークレットモードは、ウェブサイトを訪れる際に、あなたが「よそ者」であるかのように設定してくれます。オンラインでの活動を秘匿したい場合は、とても良い機能であると言えるでしょう。お得なセール情報を探したり、高額商品を売りつけるサイトでないことを確認したり、はたまた、大量の広告やメルマガを受信したくない場合にも、Googleシークレットモードは有用です。

とはいえ、Google シークレットモードは、期待されているほど完璧にプライバシーを守ってくれるものではありません。オフィスでの仕事中、禁止されている何らかのウェブサイトにアクセスする時に、この機能を使うことはお勧めできません!プライベートで使う分には、Google シークレットモードは素晴らしいツールであり、次回インターネットを使う時に試してみる価値のあるものでしょう。

READ  天皇杯Jクラブに挑戦するアマチュア2チームが決定! 福山市は初出場でベスト8進出! Honda FCはつくばに逆転| ゲキサカ

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close