トップニュース

教皇、日本首相、核のない世界に対する希望の議論

バチカン市国、5月4日(ロイター) – フランシスコ教皇と日本首相は水曜日に会い、核兵器のない世界のための共通の希望について議論した。

フランシスコと岸田文夫がバチカン講堂の応接室で約30分間会った。

マテオ・ブルニー・バチカンのスポークスマンは、「彼らは核兵器と核兵器の使用と所有がどのように想像できないかについて話した」と述べた。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

別のバチカン声明は以後、バチカンの上級外交官との議論で「対話と平和の時急性を強調し、このため核兵器のない世界のための希望を表現した」としてウクライナ戦争に特別な注意を払ったと明らかにした。

ロシアが2月24日に隣国を侵攻した後、フランシスコは戦争による核紛争の可能性について何度も言及しました。 もっと読む

二人はロシア外務省がモスクワに対して「容認できない捜査」をしたという理由で岸田をはじめとする63人の日本管理に対する制裁を発表した同日会った。 もっと読む

バチカン駐在日本大使館は会談朗読文で教皇と岸田が水曜日、北朝鮮の東海岸海上に対する弾道ミサイル発射と北朝鮮の核潜在力に対する懸念についても議論したと明らかにした。 もっと読む

2019年の日本訪問中、フランシスコは1945年に広島と長崎を訪問し、原子爆弾を迎えた唯一の都市となり、世界の指導者たちに核兵器が再び使われないように訴えました。

フランシスコは、核兵器禁止を目的とする国連条約を支持し、抑制目的で核兵器を保有することさえ不道徳だと述べた。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Philip Pullellaの報告Alexandra Hudsonの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  イーロン・マスクのテスラモデル3の発言、ツイッターで燃えている

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close