世界

教皇は、女性はミサで読み取ることができますが、まだ聖職者になることがないと言います。

ローマ(AP) – フランシスコ法王はミサ期間女性がより多くの仕事をすることができるように明示的に交差を変更して、祭壇で最も神聖な場所にアクセスできるように許可する一方で、彼らは司祭になることがないことを続けて確認しました。

フランシスコは、法を改正して、世界の多くの地域でよく見られる慣行を策定し、制度化しました。 つまり、女性は講師として任命され、福音を読んで、祭壇で聖餐働き人に奉仕することができます。 以前は、例外があったにもかかわらず、正式に男性にそのような役割が割り当てられます。

フランシスコはバプテスマを受けたすべてのカトリック信者が教会の宣教の役割をすることができていることを強調しながら、教会で女性たちがする「貴重な貢献」に対する認識を高めるために変化をしていると述べた。

しかし、彼はまた、そのようにすると神権と執事のような「聖任され」の働きと資格を持った素人に開放された働きを区別することになる言及しました。 バチカンは、男性のための神権を保持します。

このような変化は、フランシスコが結婚式、洗礼と葬儀を主宰するように司祭と同じ機能を実行する牧師である執事に女性を許可しなければなら圧力を受けているからです。 現在は歴史が初代教会の女性が働きを実行したと言うが働きは男性だけのためのものです。

Francisは、最初の女性が合意に達していない後の女性が執事になることができるかどうかを研究するために第二の専門家委員会を作りました。

女性を含むように執事を拡大する支持者たちは、そのようにすることで、女性が教会の働きと支配からより大きな発言権を持つようになるだけでなく、世界の多くの地域で、司祭不足の問題を解決するのに役立つを与えると言います。

反対者たちは、それが女性を神権に聖任される側滑りやすい傾斜になると言う。

教皇の最初の研究委員会のメンバーであったフィリスが遊ぶバチカンが初めて明示的にそして情景法を使用して、女性が祭壇にアクセスできるように許可したため、変化が重要であると言いました。 彼女は女性の執事を正式に検討する前に、必要な最初のステップと述べた。

Zaganoは「これは女性が聖域に入ることができるようにする最初の運動です。 「これは非常に大きな問題です。」

監督が長い間このような動きを求めてきたことを指摘し、彼女はさらに発展することができる扉を開けてくれると述べた。 Hofstra Universityの宗教教授Zaganoは「あなたが講演者や随行員に任命されなければ執事に任命されることがありません。

しかし、バチカン女性誌の前編集者であるLucetta Scaraffiaは新しい変化を「二重トラップ」と呼ばれていました。 彼女は彼らだけ教皇ミサを含む現在の慣行を策定すると同時に、執事が、男性のための「按手された “働きであることを明らかにしました。

彼女は電話インタビューで、「これは女性のための執事のドアを閉める」と語った。

READ  「米国史上最も多様性のある政権の目標 "バイデン内閣有力候補に女性並ん:東京新聞TOKYO Web

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close