スポーツ

数十の日本最高の王冠、今仮想極東地域に注目

Nile C. KinnickのAngelo DulceとZamaのGabriel Escaleraは、土曜日のDODEA-Japan地域トラック決勝戦で300のハードルを並べて写真で仕上げました。 (デイブオルナウアー/星条旗)

YOKOTA AIR BASE, 日本 – 時々スプリントレースの始まりは終わりほど重要かもしれません。

Jeremiah Hinesは、土曜日にYokotaのBonk Fieldで開かれたDODEA-Japan陸上決勝戦で100メートル走り始めたときに、ブロックでほとんどねじれたときにそのことを思い出しました。

しかし、Nile C. Kinnickジュニアは回復し、Christian Academy JapanのJohn Sakaguchiと並んで11秒31秒11.39秒でレースを終えました。

Red DevilsのLuke Voth監督は、200回と400回を含む3つの短距離スプリントを掃引し、Kinnickを男子チームタイトルに導くのを助けたHinesに対して、「彼は最後のメーターを成功させました」と述べました。

Zama 2年生のマディソン・アンダーソンが、土曜日のDODEA - 日本地区トラック決勝戦で100回目の優勝のために離れています。

Zama 2年生のマディソン・アンダーソンが、土曜日のDODEA – 日本地区トラック決勝戦で100回目の優勝のために離れています。 (デイブオルナウアー/星条旗)

女子チームでは、2年生のMadison Andersonが100位でRobert D. EdgrenのElizabeth Johnsonをほぼ0.5秒差で勝ち、200でYokotaのTrinity Stegallを1.4秒差で破った。 Trojansは15位で女優を獲得しました。 キニックよりスコアが高い

11校の328人のプレーヤーが曇り始めましたが、晴れた空とトラックのスプリント側でかなり強い巡風で終わった寒い土曜日に約6時間競争しました。

Hinesは、自分が慣れていないブロックセットを使用していて、レースの初めにほとんど倒れていると言いました。 ハインズは「最初はそれが私をめちゃくちゃにした」とし、スタートがすべてを意味できると付け加えた。 「特にあなたが私のように背が高いときはそうです。」

彼の11.31時間は彼のシーズン最高記録で0.08秒だった。 ハインズは、自分が「はるかに良いことができた」と感じ、まだ10.77秒の太平洋記録を持っていると述べました。

Robert D. Edgrenの新入生I'Lei Washingtonは、土曜日のDODEA-Japan地区トラック決勝戦で400位を記録し、優勝した。

Robert D. Edgrenの新入生I’Lei Washingtonは、土曜日のDODEA-Japan地区トラック決勝戦で400位を記録し、優勝した。 (デイブオルナウアー/星条旗)

「それがまさに私が求めていることです」と彼は言いました。 「もっと頑張って、もっと頑張ればできると思います」

その後、Hinesは200でSakaguchiを22.68-23.71に、400でEdgrenのDavid Blakeを51.92-54.88に進めました。 終わりです。

ハインズは「私の人生で400をそんなに大変走ったことがなかった」と話した。 「私は個人的に400が好きではありませんが、チームのためにやりました。」

Vothは、ブロックから倒れたことが、ハインズに残ったコンテストに動機を与えた可能性が高いと述べた。 「彼はビジネスの世話をしました。 新しいJabariがあるかもしれません。」とVothは、2010年代後半にKinnickでコーチとして太平洋100と200の記録を持っていたスプリンターJabari Johnsonについて語りました。

Robert D. EdgrenジュニアZalea WashingtonとZama 2年生Madison Andersonが土曜日DODEA-日本地域決勝で女子400系統決勝のためにポンドを打っています。  EdgrenはZamaに勝ち、1,600のレースでも優勝しましたが、Andersonは100と200で1位を獲得しました。

Robert D. EdgrenジュニアZalea WashingtonとZama 2年生Madison Andersonが土曜日DODEA-日本地域決勝で女子400系統決勝のためにポンドを打っています。 EdgrenはZamaに勝ち、1,600のレースで優勝しましたが、Andersonは100と200で1位を獲得しました。 (Dave Ornauer/Stars and Stripes)

Andersonは、レース前に100から13秒、200から27秒を破りたいと言いました。 ストレッチランでいつもゆがんだ顔をして、彼女は100から12.98、200から26.59を記録しました。

彼女はまだ最高が来ていないと言った。 アンダーソンは「毎年1秒を失いながら改善されることを望んでいるため、4年生には25秒(200回)、12回、11回(100回)を走りたい」と話した。

土曜日の大会で決勝戦を通過した少年300のハードルの中で、KinnickのAngelo DulceとZamaのGabriel Escaleraが対決して決勝戦まで行ったが、DulceはEscaleraに0.04秒遅れて45.69-45.73で決勝ラインを通過しました。 。

Escaleraは「それが競争を楽しませる理由です」と述べた。

極東クロスカントリーチャンピオンのNile C. KinnickシニアAustin Shinzatoが、土曜日のDODEA-Japan地域決勝戦3,200番で決勝戦に向かっています。

極東クロスカントリーチャンピオンのNile C. KinnickシニアAustin Shinzatoが、土曜日DODEA – 日本地域決勝戦3,200番で決勝戦に向かっています。 (デイブオルナウアー/星条旗)

他の人にとって、この日はEdgren先輩であるMorgan Erlerのような個人的な最高記録を立てた日でした。 ストリートスペシャリストは、彼女の最も近いライバルより11秒前に3,200、11:40.45から12分の障壁を破った。 Erlerはまた2:33.99に800、4:45.46に1,600を獲得しました。

今シーズンの初め、凍ったザマの2年生のLilianna FennesseyとSacred Heartの2年生のSofia Satoの存在が楽しい一日を作ったとErlerは言いました。

現在の極東クロスカントリーチャンピオンは、「彼らは相手がとても面白いです」と言い、彼女は土曜日の時間を「確かに」勝てると思うと付け加えました。 「今日は間違いなく早く走りました。」

現極東少年クロスカントリーチャンピオンのKinnickシニアAustin Shinzatoも1,600個と3,200個で個人最高記録を立てたが、両方の大会で日本のAmerican School In JapanのTake ZootとSt. Mary’sのWilliam Beardsleyに続いて2位になりました。

「ただ興奮しました。 他の人と競争してから2年半になりました。 「私は(この種のランナー)、特に彼らが競争しているときに走るのを楽しんでいます。」

Nile C. KinnickジュニアJeremiah Hinesは、土曜日のDODEA-Japan地区トラック決勝戦で100、200、400を記録する途中でフィニッシュラインを回っています。

Nile C. KinnickジュニアJeremiah Hinesは、土曜日のDODEA-Japan地区トラック決勝戦で100、200、400を記録する途中でフィニッシュラインを回っています。 (デイブオルナウアー/星条旗)

ロバート・D・エドグレン(Robert D. Edgren)シニアであり、現極東クロスカントリーチャンピオンのモーガン・アラー(Morgan Erler)は、土曜日のDODEA-日本地域決勝戦で3,200で優勝するためにヘディングしています。 彼女は3,200、1,600、800を席巻しました。

ロバート・D・エドグレン(Robert D. Edgren)シニアであり、現極東クロスカントリーチャンピオンのモーガン・アラー(Morgan Erler)は、土曜日のDODEA-日本地域決勝戦で3,200で優勝するためにヘディングしています。 彼女は3,200、1,600、800を席巻しました。 (Dave Ornauer/Stars and Stripes)

READ  田中、日本のファンにヤンキースと「成長」を見せる予定| スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close