トップニュース

数千人が伝染病で、日本で大学を残します

日本政府は、昨年4月から12月の間にコロナウイルスの拡散に少なくとも5,800人の大学生が学校をやめたり、休学したことが明らかになった。

文部科学省は、日本全域の4年制大学、短期大学、技術大学を対象にアンケート調査を実施しました。 約95%、すなわち1,009個の学校が応答しました。

コロナウイルスの拡散は、学生が学校を離れるの主な理由の一つとして言及された。

調査によると、1,367人の学生が学校を恒久的に去り4,434人が感染症が原因で休校したことに気づいた。

全体的に28,647人の学生が8ヶ月の間に恒久的に学校をやめました。 これは前年同期比で約20%減少しています。

65,670人の学生が、一時的に学校を離れている。これは、前年度に比べ約10%減少した数値です。

政府当局者は、このような減少は、伝染病の期間中に導入されたサポート機構である可能性があると思います。

彼らは99%の学校が2学期の授業料納付期限を延長し、74%は財政困難を経験している学生のための授業料を減免したり、免除したました。

政府はまた、今年4月に低所得層の学生のための新しい国の奨学金制度を施行しました。 関係者は、12月現在、約27万人の学生に奨学金が支給されたました。

しかし、日本の大学の子供の貧困の専門家であるスにトミー香織教授は、この制度が奨学金基準額のすぐ上の学生を失望させていると信じている。 彼女はそのような多くの学生が家族を養うために働き伝染病が続けば、最終的には中退することができると言います。

READ  Lisa」s In and Around Tokyo:Yoshida」s House in Oiso--日本初のビーチリゾートを探索:朝日新聞

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close