文化交流イベント、ジャマ市キャンプジャマ子供たちの円満な関係を築く記事

1 min read






2月25日、日本キャンプジャマ青少年センターで開かれた文化交流イベントで一人の子供がキャンプジャマボーイズ&ガールズクラブオブアメリカ所属のキストンクラブ会員たちの助けを借りて絵を描いている。
(写真提供:工藤紀子)

オリジナルを見る

日本、CAMP ZAMA – Camp ZamaとZama Cityの子どもたちが2月25日、ここ青少年センターで開かれた文化交流イベントに参加し、2つのグループ間の友好関係を強化しました。

この日の行事は、体育活動、40人余りの子供たちが互いにコミュニケーションをとってコミュニケーションできる多様な協同ゲーム、米陸軍日本軍楽隊の演奏などで構成された。 今回のイベントは、コロナ19以降施設外の子供たちをキャンプジャマに招待した最初のイベントでした。

Camp Zama’s Boys and Girls Club of Americaに所属するKeystone Club会員たちも、奉仕スタッフとして通訳支援、子ども活動支援、ギフトバッグの準備などを行いました。

Keystoneのメンバーであり、Zama中学校3年生のBlaeson Mooreは、子供たちがゲームやイベントに参加することを奨励し、グループ間の友情を育てることが彼の役割だと述べました。




座間市キャンプ 座間子どもたちの円満な関係形成を助ける文化交流行事



2月25日、日本キャンプジャマ青少年センターで開かれた文化交流イベントでキャンプジャマとジャマシティの子供たちが体操運動をしている。 今回の行事は両団体の友好増進のために設けられた。
(写真提供:工藤紀子)

オリジナルを見る

このイベントでボランティアをしながら、ムーアは他の方法では出会えなかった素敵な子供たちと交流する機会を得たと彼は言いました。 ムーアはその経験が楽しかったし、それが米軍と駐留国の隣人との関係を強化するのに役立ったと考えたと述べた。

「アメリカの子供たちと日本の子供たちが一緒に過ごす時間が多いほど、お互いがより快適になります」とMooreは言いました。 「私はこのイベントがZama Cityとその周辺コミュニティとのパートナーシップに間違いなく役立ったと思います。」

2年生のRento Sekinoは、イベントの経験について肯定的な話をし、後でCamp Zamaに戻って再び参加したいと言いました。

レントは「今日は本当に楽しかった。 「時々コミュニケーションは難しかったが、ゲームをしながら友達を作ることができました」

小学校3年生のトラレーン・ペリー(Tralane Perry)は、日本語を流暢に話すため、子供たちと簡単に親しくなれたと話した。

Tralaneは「すべてのゲームをプレイし、新しい友達を作ることが楽しかった」と述べた。 「これからこんな活動に参加したいです」




座間市キャンプ 座間子どもたちの円満な関係形成を助ける文化交流行事



2月25日、日本キャンプのザマ青少年センターで開かれた文化交流イベントで、在日米軍基地司令官クリストファーL.トムリンソン大佐(右)が子供たちとはさみ岩遊びをしている。
(写真提供:工藤紀子)

オリジナルを見る

また、このイベントには日本米陸軍駐屯軍司令官クリストファー・L・トムリンソン大佐も参加しました。 指揮官は子供たちと一緒にゲームに参加し、いくつかの提供された翻訳支援と組み合わせた子供たちの普遍的な遊びの魅力が言語の障壁を克服するのに役立ったと言いました。

ジャマシーによると、200人以上の日本の子供たちがこのイベントに参加するために支援しました。 COVID-19安全措置のため、20人しか参加できませんでした。 トムリンソンは、反応が圧倒的に肯定的であり、キャンプ・ザマが今後も何度もやることを望んでいると述べた。




座間市キャンプ 座間子どもたちの円満な関係形成を助ける文化交流行事



去る2月25日日本キャンプジャマ青少年センターで開かれた文化交流行事参加者たちが行事を終えて団体写真を撮っている。 このイベントは、設置外の日本の子供たちを招待し、キャンプザマの子供たちと一緒に遊んだ。 また、駐日米陸軍駐屯軍司令官クリストファー・L・トムリンソン大佐、佐藤水藤ジャマ市場、米陸軍日本楽団団員が参加し、音楽公演を繰り広げました。
(写真提供:工藤紀子)

オリジナルを見る

「次の世代はすべての良い価値と関係を継承します。 [we’ve built]「彼は言った。 「最も早い段階で始めると、常に良い記憶を持つことになり、将来より強い絆のための足場を築くでしょう。

彼は「最終的にここで起きていることは日本と米国間の同盟に対する最も根本的な表現」と付け加えた。

READ  カプコンの生放送「CAPCOM TGS LIVE 2020」が9月26日・27日に放映。「バイオハザードビレッジ」などの最新情報が提供される
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours