理科

文化接続:日本の伝統的な船遊び

イリノイ州シャンパン(WCIA) – Douglas Brooksのボート制作クラスは騒々しいが平和です。 彼はこの仕事を30年以上やってきました。

「私は博物館のボートメーカーとしてこのキャリアを始めました」とBrooksは説明します。 「その時、私は日本に来て、この驚くほど深い木工の伝統を発見しました。 [and] 木造船の乾燥。

彼の最初の訪問は90年代だった。 Brooksはその後20回以上日本を訪れました。

その旅行で、彼は年配のボートメーカーと一緒に9つの見習いコースを終えました。 彼は教科書が許されない伝統的な方法でクラフトを学びました。

」[It is] ほとんど何も記録されていないのはマスターであり、見習いです。」とBrooksは言います。

しかし、この日本の船の美しさの後ろには悲しい言葉があります。 Brooksはほとんどの彼の教師の唯一の見習いでした。 年老いた修行者は教える人がいません。

「悲しいことに、日本には新しい世代の見習いはありませんでした」とBrooksは説明します。

それで彼は特講を通じて大学生たちに知識を伝授し続けている。 最近では、U of I’sと共同で ジャパンハウス

Illiniの学生は最初からボートを作るために一週間を過ごしています。 彼らはすべて異なる専攻を持っており、木工の経験はほとんどありません。

しかし、彼らはブルックスの経験から学ぶことがあります。

コンピュータサイエンスの学生であるJeffrey Tangは、「彼がデモンストレーション時に彼がすることにもっと注意を払っていることに気づきました。

観察が重要です。 学生は木造船の乾燥だけでなく、日本の見習い学習スタイルも学んでいます。

「日本では学生たちを抱きしめてはいけない」と言います。 彼らは自分自身を調整する方法を学び、自分で理解する必要があります。

生徒たちはクラフトについて少し読みましたが、ほとんどは見て学ぶ内容です。

」[It is a] 私たちが正しい方法でやっていることを確認するのに少し気を配っています。」と音楽学生のBen Mackeは言います。 「それについて読むことは一つのことですが、今は [we’re] ブルックス氏がすることを直接観察すること。 その後、 [we are] まさに飛び込むだけです。 本当にユニークな学習経験です。」

Brooksは、ワークショップでの最小限の会話は、より良い集中力を意味すると言います。

「生徒が手工具の仕事に飢えているのを見てください。 なぜなら、手の道具は彼らの世代にとってはあまりにも不慣れなものだからです」と彼は言います。 「彼らがすることと実際に成功することを見るのは本当にやりがいがあります。」

学生は日本の家の池に船を運ぶでしょう。 4月2日土曜日午後4時に行われます。

ボートは完成したら販売のために上がります。 すべての収益は日本の家に使用されます。

READ  兵士たちが日本につながったコルノブイリ研究施設をゴミにする

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close