技術

文書に集中できる美しいガジェット:E inkの使用」煩悩無料 “ワードプロセッサ” Freewrite Traveler」|ギズモード・ジャパン

長い。 しかし、すぐに飽きてしまうか….

「Freewrite “は、インターネット機能のない「書くだけ”のためのワープロ装置。ソースをコンパクトで持ち運びしやすくなった」Freewrite Traveler」を米国ギズモジョンビックス記者がレビューします。


私のように書くの産業や論文などの長文を書く機会が多い方は、Freewrite Travelerにかかる匹かもしれません!これはE ink使用ポータブルワープロで作成した文書は、メール可能。 そして何よりも、拡散要素を排除して、「煩悩無料 “デバイスになります。

TwitterやFacebookから解放され、無限の無限スクロール地獄に欠かせないものであるため、どのよう作業が進捗一つ…想像してください。 まるで往年の作家バローズ2世、モロッコでの薬物の禁断症状と戦いながら、タイプライターアヒルブウェチ文章に没頭していたような感じ(理解するのは難しい?)。

率直に言ってFreewrite Travelerは、より環境と使用感を提供してくれます(あ、禁断症状は出ない)。二つ折りのデバイスそして、閉じたときのサイズ感はNintendo Switchのようなくらい。バッテリーは、USB-Cの充電1回で最大4週間持続メインウィンドウの表示は、4.76×2.76インチ(121mm×70mm)。 キーボードの上部に沿って3つのフォルダのボタンが配置され、それぞれ1件ずつプロジェクトを保存することができます。 「Send」ボタンを押すと、作成した文書を電子メールで送信することも可能である。 キーボードの下部にある2つの赤い「New」ボタンを押すと、フォルダが削除され、最初から再起動することができます。 本当に簡単。

画像:Gizmodo US

Freewrite旅行

これは何ですか? :純粋主義者のための煩悩を排除したポータブル照明ツール。

価格:430ドル(約4万4,900円)

好きなところ:「書く」専用の小型のツール。

好きではないところ:かなり高価です。 作文がうまくなるとか、速くなるとか、はないこと。

必要最小限の機能としっかりめキーボード時

メインウィンドウの下部の小さなウィンドウには、フォルダ情報と時計、そしてワード数と標準読み取り速度に応じて、「読み終えるまでの時間」が表示されます。開くとすぐに開始し、真っ白なE inkページが登場。Wi-Fiアクセスポイントとのペアリングする場合、ドキュメントをテキストとPDF形式でメールの受信トレイにすぐに送信することも可能である。

キーボードは、初期ThinkPadを連想キー旅行硬いスプリングでポータブルに適しています。 元Freewriteがある機械的な「カチッ」感じはありませんが、MacBookやPCとの違いは明らかに感じられます。 従来にはない、矢印キーで画面の移動もできるように。

wa-puro3
画像:Gizmodo US

「書く」こと特化した魅力的なデバイスです。 しかし…

Travelerは自由を書くポータブル版。プラスチックとシリコン軽量でコンパクト同じ煩悩無料装置生まれ変わっています。 どちらの製品も確かに魅力的。 少なくとも私のようにツイート嵐を無視できない作家はいいでしょう。 Webライター仲間も皆「書くだけ」専用アイテムは、もはや神の贈り物、何があります。 名作集けるアックように一日数千の言葉を紡ぎ出すことができるように設計され装置。 使ってみたいと思いますよね?

しかし、いざ購入したり、考えると….正直なところ私躊躇しまいます。 簡単に感想を言うなら “広告で宣伝する程度は使用できない…」という感じです。

今までの「送るだけ」である装置をすることができず、購入しました。 最近では、Smith Corona(スミスコロナ)の電動タイプライターです。ここでは、1993年に学童用に発売されたAlphasmart Neoも持っています。 より良い文章を書くようになりたくて、年に数回の機械式キーボードを使っていますね。 つまり、簡単なキーボード的なものはかなり手を当てています。

それはなぜ? ジャズの巨匠がギルド社その他を有するように良い仕事は良いツールで生まれたと考えているからです。 良いキーボードがあれば、作家として世界にひっくり返るような言葉で表現できないほど「書き込み体験」を向上させるだろうか。そう思ってあれこれ試してはいるが、劇的な変化は会わない。キーボードはあくまでキーボード。という私の宝物が終わるわけではない。

wa-puro4
画像:Gizmodo US

Freewrite Traveler 430ドルを支払う価値がないかも

ここで言いにくいことを明らかにしてみましょう:より良い文章をスヌンデイ430ドルの装置が必要であるとは言えません。 Travelerを使用しても文書作成のプロセスが楽になることも、書き込みが向上することができません。 たとえ煩悩のないデバイスを購入だとしてもTravelerある必然性はなく、古いノートパソコンのWi-Fiを切ってしまうと、それでOKであり、落ち着いた作家 のようなツールでも同様の効果を得ることができます。

実際のシステムの仰々しは少し鼻についてしまいます。 ダニ言うキーボードと1950年代風のスタイルちょっとアナログのような感じ….ブランド戦略の甘い罠にかかってはいけません。 ヘミングウェイがロイヤル社Quiet de Luxeを愛用していたのは、「タイピングが、最終的に快適 “だったからではなく、たまたまそのしか持っていなかったからです。

世界の作家の皆さん、今持っているもので満足していませんか? 集中力を高めるためにのみ430ドルのプラスチックの塊が本当に必要ですか? 私はプロの作家である。 これまでいくつかの場所で1万1000どんな文章を書いたり、本も8巻出しており、書き込みツールを問わず、1000語程度であれば、20分書き込むことができます。

実際には、私は元のFreewriteを持っています。 1年ほど使用した共同経営者から仕入れたが、率直に言って、数年の間に使用していないので、Travelerを買ったところ、実際の “旅”に携帯することができ、おそらくないでしょう(また、旅行することができ、世界になるとあるが)。

wa-puro5
画像:Gizmodo US

Freewriteの発想は愛です。 ハードウェア自体も良い。 ライティング用の煩悩無料ツールという考えが素敵です。 ただし、購入することになれば、話は違う。 皆さんも気をつけてください。 多分、見て私は感じ “あらいいない!」になると思います。 しかし、実際にこのタイプのデバイスは、自分のスタイルに適しているか、よく〜と思うください。 それとも必然的に失望することになるので。

文書作成時に「インターネットに接続せず」は、激しい

「照明は筆を選ばず」 もちろん、より良いツールを使用すると、少し書き込みが速くということです。 私元Freewriteを使用してホラー小説を書いてみました。 それはアドレナリン出まくり興奮状態でした。 本当に自由な体験。 ただ、もちろん、その自由を感じてはただ瞬間でした。

自ら作り出したファンタジー小説を書く方は、この装置も悪くないかもしれません。しかし、小説で現代のノンフィクション、そして学術的なものまで、ほとんどの書き込みは常時インターネット接続が必要されます。 ナポレオンの愛馬の名前を確認することができず、「書くだけ」だけの作業は大変な痛みを伴う。あっという間に「ないこれ」とノートパソコンに取り組むとなります。

今回はFreewriteレビューを書くにも価格を調査したり、リンクを入れているのでFreewriteで役に立たない。 複雑な現代小説を書くことも、このようなとてもシンプルデバイスではなく書き込み対応のソフトウェア公証人などが必要になり

wa-puro6
画像:Gizmodo US

万人受けはサポートしていませんが抜ける人は橋と抜ける

だからといってFreewrite Travelerや他の照明ツールを使用してはいけない、というのはありません。 Freewriteをダニ叩いたり木の下タイプライターの紙を差し込んだりすることは大きな喜びです。 ノートパソコンを使用した照明に不満があったり、「一日のタイピングおよびZoomの繰り返しと転換したい」というときに、デバイスを変えて、創造的なスイッチを入れると、この場合に適している。

Freewrite Travelerは万人受けする製品とはできず、個人的にはちょっとお勧めする高すぎるかな、と思います。 ちなみに類似商品は他にもありますが、これを超過するほどではない。繰り返しますが、どうか万能アイテムだと信じて購入することはやめてください。 他の製品だけではなく、あくまでもツールです。 そして、これは非常にクールです。

ただし、最も重要なライティングツールは、あなたの頭の中にあります。 いくつかのキーボードとペン、鉛筆、そしてE inkタイプライターを使用しても、それは変わりません。 「使ってみたい!」と思っているのは良いことですが。

wa-puro7
画像:Gizmodo US

まとめ

・Freewriteは作家に優れたツールですが、価格は高価。

メカニカルキーボードマニアにはたまらないビルドクオリティ。

READ  iPhone12シリーズ、Apple店舗より安く手に入れる方法は? - iPhone Mania

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close