新しい「Made in Ukraine」オフィス:経済部、日本、UNDPがOdesaの起業家を支援します。

1 min read

オデッサ、2024年5月30日 — 日本政府と国連開発計画(UNDP)は、ウクライナ経済部、国家雇用庁、オデッサ州雇用センターと協力して、オデッサに地域「Made in Ukraine」事務所を開設しました。 これは、ウクライナのメーカーを支援し、国家経済を強化するための総合プログラムである「Made in Ukraine」プラットフォームの9番目の代表事務所です。

2023年には、オデッサで砲撃で約300の民間基盤施設が被害を受けました。 それにもかかわらず、Odesa Oblastの経済は生存と適応に努めています。 原材料および製品の流通に関連する複雑な物流と敵対行為による電力供給の制限の中で、99,400の中小企業がこの地域で引き続き活動しており、そのうち5,000以上が2023年に活動を開始しました。

地域「Made in Ukraine」オフィスは、国と企業の間のコミュニケーションを強化するために全国のすべての雇用センターに開設する予定の包括的な空間です。 ここでは、起業家は条件の詳細を学び、州および地域の支援プログラムに参加するために登録し、事業の開始または開発に関する教育を受け、補助金の申請方法を学び、政府機関、銀行および機関との相互作用の資格を備えたサポートを得ることができます。 他の機関。

Yuliia Svyrydenko、ウクライナ第1部首相兼経済部長官ウクライナの破壊されたインフラと経済の回復はもちろん、ウクライナのセキュリティと防衛部門の保証は、起業家精神の発展なしには不可能であると指摘しました。 「本格的な侵略が始まって以来、Odesaは繰り返しロシア人です。 しかし、体系的な砲撃にもかかわらず、起業家は引き続き働き、雇用を提供し、税の形で州の予算に財政的インセンティブを提供します。 「Made in Ukraine」地域事務所の開設により、より多くの地域企業が国家支援プログラムに参加できるようになるでしょう」とSvyrydenkoは言いました。

Jaco Cilliers、UNDPウクライナ常駐代表ウクライナ経済部とUNDPとの協力が10年以上続いてきたと回想しました。 「私たちは経済建設のためのウクライナ政府の努力を継続的に支援しており、民間部門の発展は常に最優先事項でした。 私たちの包括的なアプローチは、補助金とインフラソリューションの形での直接的なサポートとサービスへのアクセシビリティの向上を通じた起業家の能力構築を組み合わせます。 UNDPが日本の多大な支援を受けている「Made in Ukraine」事務所は、このようなアプローチを組み合わせて、その国のビジネス環境を作り出す」とCiliers氏は言います。

背景

オデッサにある「Made in Ukraine」事務所は、「人間安全保障のための転換的回復」の一環として、ウクライナ経済部、国家雇用サービス、オデッサ州雇用センターと協力してウクライナUNDPの支援を受けました。 in Ukraine 'プロジェクトは日本政府の財政支援を受けて実施されました。

メディアお問い合わせ:

Yuliia Samus、ウクライナのUNDPコミュニケーション責任者、[email protected]

READ  グローバルサプライチェーンは現代経済の中枢
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours