トップニュース

新しいデザインMacBookが2021年の後半に加えて噂。 Appleシリコンとインテルの両方のバージョン? – Engadget日本版

リンゴ

Appleシリコン “M1″チップ搭載の新型Macは、顧客の手元に受信されている中で、2021年後半に再設計され、追加MacBookが発売されるという噂が報道されています。

噂の出所は、信憑性が高いアップルインサイダー情報として知られているアナリストMing-Chi Kuo氏の投資家の研究ノートです。 これによると、新しいAppleのシリコンベースのMacBookモデルは、「新しいデザイン」を特徴とするもの。

Kuo氏は、いくつかのモデルがそうなるかは明らかではないが、前の「2021年に14インチと16インチの再設計されたMacBook Proのラインナップが登場するだろう」と見通しを指しています。

また、現在の未発表Apple、シリコンMacには、これまで新たにデザインされた24インチiMacハーフサイズのMac Proこの噂に上がっていました。

また、今回の噂についての有名なリカ(未発表製品に関連した有力な情報を発信する人)L0vetodream氏が「(Apple)、シリコンのみではない」という短い応答をつぶやいています。 彼はiPhone SE(2020)とiPad Pro(2020)の発売時期を合わせたものに加えてiPhone 12シリーズ4機種の製品名を正確に当てるなど、数多くの実績があります。

つまり2021年の後半に予定されているMacBookの再設計は、Appleのシリコン板だけでなく、インテルベースの製品に達することを示唆していると解釈することができます。

確かに、アップルは、Appleのシリコンに移行するために、約2年かかる説明しており、Intelベースの新型Macも開発中であると語っていたので、ここに関しても信憑性は低くないと思われます。

さらに言えば、AppleシリコンMacは概ね、IntelベースのMacを圧倒する性能を示しているが、外部ポートと出力可能な外付けディスプレイの枚数が従来モデルよりも少なく、11月時点で、eGPUをサポートしていません。 したがって、IntelベースのMacへの需要は依然として残っている必要があります。

しかし、2020年後半といえば、今後半年間以上前の話。 それまではAppleのシリコンの性能がまだ向上させることができます。 その際逆に、そのタイミングで、IntelベースのMacの魅力をどのようにアピールしていくのか、このあたりも興味深いところです。

出典:MacRumors

READ  日本、アフガニスタンでFAOの緊急作戦のための新たな資金支援-Afghanistan

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close