スポーツ

新しいトヨタロールの中島「未来を望むより」 – Sportscar365

写真:ジェームズ・モイ/トヨタ

中島和之氏は、日本のメーカーと一緒にまだ発表されていない新しい役割でトヨタガズーレーシングに残る予定です。

ル・マン24時間レースで3回優勝したこの選手は、水曜日のFIA世界耐久チャンピオンシップシーズンが終わると運転から退くと発表した。

バーレーン・インターナショナル・サーキット(Bahrain International Circuit)のメディアとのインタビューで、36歳の選手は自分がWECチーム内にいることを示唆しましたが、それ以上の詳細は明らかにしていません。

トヨタ広報担当者は、12月に開かれる予定のトヨタの年次モータースポーツ記者会見で中島の交代とともに発表されることを確認しました。

「正直言って、少し悲しみがあります。 [out of] レースドライブ」と中島は言った。 「しかし、公正に言って、私はすでに未来を見つめています。

「会話は一ヶ月ほどありました。 私たちはそれについて、そして将来についても一ヶ月間話しました。」

中島氏は、新しい役割に集中するためにドライバーに完全に引退することが一つの選択肢になることができると述べた。

彼は最終決定を下さなかったが、現在のシナリオは「最も可能性が高い」と述べた。

この日本のスターは現在、日本のスーパーフォーミュラで競争しており、以前はWECの約束でスーパーGTで運転したことがあります。

彼は「計画の一部だが、まだすべてを決めていない」と述べた。 「私たちはまだ来年何をすべきかについて話しています。 また、ここで私ができるすべての詳細を完成させようとします。 [in WEC]。

「両方することは時々少し妥協です」。

中島氏は依然として、最高レベルのドライバーになるために必要な資格があると考えており、決定が下される前に、今後数年間にわたってWECにメーカーが流入するのを楽しみにしていると述べています。

「はい、私はそう信じています。」 彼は言った。 「先週のように、私はまだ車を正しく運転することができ、まだレースカードライバーとして何かをすることができると信じています。

「正直、それは私の悲しみの一部です。 私たちは、多くのメーカーが来ている新しいWECチャンピオンシップの偉大な時代に向かっていることを知っています。

「多くの競争が起こります。 レーシングカードライバーとして、私はこの時期にレースをしようと努力して期待していました。

「悲しいけれど先ほど申し上げたように、未来への肯定的な感じがたくさんあります。

「これはWECだけでなく、トヨタ・ガズー・レーシング・モーター・スポーツへの大きな変化の一部分にすぎません。 持続可能なモータースポーツを可能にする多くの変更があります。

「私たちはいくつかの変更が必要であり、これがその一部です。 誰が私を置き換えるのかは言えませんが、次世代ドライバーの開発の一部でもあります。

「彼の一部になって嬉しいです。」

中島のキャリアハイライトのうち、ルマンの最高点と最低点

中島は2018年に初めて日本メーカーとしてルマンで優勝し、これはフェルナンド・アロンソとセバスティアン・ブエミを2018-19 WECタイトルに導くのに役立ったのが彼のレーシングキャリアのハイライトの一つだったと述べた。

しかし中島のトヨタTS050ハイブリッドが5分も足りず、接地を止めたのも2年前にトヨタの最後の隠れた敗北だった。

彼は「もちろん2018年が最高だったが、2016年に起こったこと」と話した。 「みんなに悲しい瞬間でしたが、これが私たちをより強くし、最初の勝利を準備するための鍵になることができると思います.

「一つを選ぶのは難しい。 [moment] しかし、多くの感情がありました。

「アマールで初優勝する前はもっと高かったでしょう。しかし、両方とも同じことが重要です。

「もちろん、フォーミュラ1以降は日本に戻って国内レーシングをしました。 再びヨーロッパでレースするのが私の夢で、ルマンは完璧な場所でした。

「当時プロジェクトが始まり、私にはこのプロジェクトに参加し、ル・マンに挑戦して優勝することが本当に夢でした。

「結局時間はかなりかかりましたが、ついに成功しました。 本当に夢が叶った」と話した。


ジョン・ダギス


ジョン・ダギス Sportscar365の創設者であり編集長です。 DagysはFOXSports.comとSPEED Channelのモータースポーツ特派員として8年を過ごし、世界中の数多くのモータースポーツ出版物に貢献しました。 ジョンに連絡する


READ  ウガンダの五輪代表、日本の到着時の陽性反応

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close