理科

新しい京都賞講義今オンラインで視聴可能| ニュース

日本京都–(Business Wire / ニュースワイヤー) 2022年11月10日 –

稲森財団(会長:稲森しのぶ – 金沢)は、本日2022年に京都賞記念講演を無料のオンデマンドビデオ形式でオンラインで公開することができると発表しました。

今年の財団は、コロナ19に対する継続的な懸念のため、伝統的に毎年11月10日に日本の京都で行われた京都賞授賞式や関連ライブイベントを再び取り消しました。 代わりに、2022年に京都賞特別ウェブサイトを作成し、世界中の観客が最新の京都賞受賞者の記念講演をコロナの危険や費用なしに見て聞くことができます。 このウェブサイトには、2022年の受賞者それぞれの5分間の紹介ビデオと記念講演や公演が含まれています。

2022年京都賞特別ウェブサイト

ここをクリック または訪問 https://www.kyotoprize.org/en/2022

特徴:

「情報革命を通じた個人の旅程」

Carver Meadの講演、2022年京都高級技術賞受賞者

電子エンジニアであり応用物理学者であり、VLSI技術の先駆者であるMeadeは、1959年にカリフォルニア工科大学で工学および応用科学の名誉教授であるGordon and Betty Moore教授として勤務しています。 彼の講義では、次の歴史的革新について説明します。 新しい設計パラダイム、新しいコンピューティングツール、および非専門家も理解できる物理集積回路の統合された視点を含む、今日の非常に複雑な半導体集積回路を可能にしました。

「時間と空間における病原体の力学と進化力学」

Bryan T. Grenfellの講義、2022年京都基礎科学賞受賞者

人口生物学者であるGrenfellは、プリンストン大学の生態学、進化生物学、公共問題の教授であるKathryn BrigerとSarah Fentonを務めています。 グレンフェルが作った用語 系統力学 優勢な免疫におけるウイルス変異体の「逃避」を誘導するウイルス進化と力学の間の相互作用系統力学的アイデアは、COVID-19などの感染症のより深い理解に寄与する病原体進化の広範な研究に適用されています。 彼の講義は、はしか、インフルエンザ、SARS-CoV-2などの病原体に焦点を当てています。

京都賞記念講演・公演

Zakir Hussain、2022年の京都芸術と哲学部門の受賞者

Hussainは、グラミー賞を受賞したタブラ奏者、作曲家、打楽器奏者、音楽プロデューサーで、世界中の様々なジャンルのアーティストと協力して、伝統的なインド音楽の枠組みを超えて新たな可能性を開きました。 彼の記念講演は、北人もクラシック音楽伝統の核心打楽器であるタブラに焦点を当てている。 また、Abbos Kosimov(ドイラで演奏)とPezhham Akhavass(トムバクで演奏)という2人の他のミュージシャンと一緒に楽しんでいます。

稲森財団紹介: ご覧ください https://www.inamori-f.or.jp/en/

京都賞紹介: ご覧ください https://www.kyotoprize.org/en/

ソースバージョンを見る ビジネスワイヤードットコム:https://www.businesswire.com/news/home/20221110006190/en/

連絡先:メディアお問い合わせ/写真リクエスト:

(アメリカ) Jay Scovie, Inamori Foundation 北米連絡担当者

[email protected]/858-576-2674

(JAPAN) 竹村 中村かめぐみスミス、稲森財団

[email protected]/075-353-7272

キーワード:日本アジア太平洋

産業キーワード:半導体製造その他健康その他科学その他技術研究音楽芸術/博物館科学技術エンターテイメントCOVID-19健康その他教育継続大学工学教育

出典:稲森財団

著作権ビジネスワイヤ2022。

パブ:2022年11月10日午後7時40分/ディスク:2022年11月10日午後7時41分

http://www.businesswire.com/news/home/20221110006190/en

著作権ビジネスワイヤ2022。

READ  ニュースナビゲーター:日本はペットの赤い沼地のロブスターを育てることを禁止しますか?

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close