エンターテインメント

新しい伝説に。 「サイバーパンク2077」マスターアップ後、万が一の発売延期を発表 – GAME Watch

CD PROJEKT REDは11月19日に発売を予定していた「サイバーパンク2077」のマスターアップを見てもかかわらず、12月10日に発売を延期すると発表した。

演技に対するスタジオでのメッセージ

演技の理由は、もはや何度目かわからないが、品質向上のために。 9つのプラットフォームで展開をテストしていることや、在宅勤務をしながら作業をしているのか、そして今回の次世代ゲーム機のような時期に発売されるタイトルこの結果、さらに調整が必要になるからだという。

「ウィチャ」シリーズ時代からスタジオが納得クオリティに至るまで発売時期を明らかにせず発表後も発売延期を繰り返すことを意味 “お家芸”としてきたCD PROJEKTREDがマスターアップした後の煙は、ゲーム業界の歴史を塗り替えるようなことができある。

10月上旬にマスターアップ発表後「再度演技を検討中」との観測記事が海外で出てきたとき、日本の窓口であるCD PROJEKT RED本間聡氏は、自分のTwitterで「マスターアップして生産が開始されている以上、再び煙は天災以外することができません」と明確に否定。 本間氏の見解は、私たちのメディア側も同意することができるところで、マスターアップのリリースのためにする “一度の完成」を意味し、発売日確定または煙がない約束で使用されてきたからだ。 逆に言えば、マスターアップ後のリリースに向けていくつか動くので、現場の人間はとんでもないだろう。

ところが、今回の発表は、この業界の常識を覆すもので、CD PROJEKT REDの新しい伝説とすることができるものである。 まず、本間氏は、正式発表に合わせてTwitterを更新します。 「天災が起きていないかのように思いますが、12月10日に発売が延期されました。重ね延期されて申し訳ありません」と礼拝の勢いで謝罪。 内部および驚きの出来事であることが伝わってくる。

今回の演技による調整はDay0パッチ適用する。 通常ゲーム業界では、発売当日に充当パッチを「Day1パッチ」ほぼ完成のβ版に充当大型パッチを「Day0パッチ」と呼んでいる。Day0パッチまで使用水火かかわらず、品質の向上を目指した姿勢は、一種のこだわりを感じないことができない。12月10日明鏡止水の境地で発売を待ったいところである。

READ  D3パブリッシャーの新作「MAGLAM LORD」が今年の冬に発売。サモンナイトシリーズを手掛けた都月頃氏が世界観設定とシナリオを担当するアクションRPG

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close