技術

新しい日本のオーディオ技術には、水槽と水槽のCDが含まれています。

TOKYO – ストリーミングが他のほとんどの音楽鑑賞方法に取って代わるにつれて、日本の企業は没入型サウンドの限界を超えたオーディオ愛好家がまだあると信じています。

Asahi Kasei MicrodevicesのブランドであるVelvet Soundの新しいオーディオチップを組み合わせ、通常のCDより約10兆倍のサウンドデータを再生します。

これは、日本材料グループ朝日加生のユニットが「あなたがそこにいるかのように」経験を追加すると言いました。

これを達成するために、朝日カセイマイクロデバイスは、前世代の技術を2つに分けました。 新しいAK4499EXデジタル – アナログコンバータは今秋に販売されます。 サンプルは今夏発送予定です。

このチップは今月リリースされるAK4191チップと連携します。

Asahi Kasei Microdevicesの新しいオーディオチップは今年販売を開始します。 (写真提供:沖縄翔屋)

チップは高度なオーディオ機器用に作られています。 Asahi Kasei Microdevicesは、電気自動車が主流になるにつれて需要が高まると予想しています。 EVには騒々しいエンジンがないので、ドライバーは音楽をよりよく聞くことができ、より良い音質が欲しいでしょう。 このチップは今年末までに消費者市場に発売される予定だ。

デジタルオーディオは、1秒間にインポートされたオーディオサンプル数であるキロヘルツと、サウンドレンジをキャプチャするために使用できるレベル数を測定するビットで表されます。

値が高いほど、デジタル情報の詳細と音量が大きくなります。 その量のデータは、スピーカーから出る音の忠実度に直接接続されます。

CDの標準は44.1kHzおよび16ビットです。 これは、毎秒44,100回のサンプリングレートと65,536の個々のレベルでサウンドを保存する能力として解釈されます。

オーディオが高解像度と見なされるには、品質は少なくとも96 kHzと24ビットでなければなりません。 Asahi Kasei Microdevicesのチップは最大1,536kHzと64ビットを達成します。 サウンドデータによれば、理論上上限はCDの約9800兆倍に達する。

Asahi Kasei Microdevicesのチップ再設計もノイズを低減します。

Asahi Kasei Microdevicesのオーディオ製品の企画・開発責任者であるJun Tokunagaは、「1と0の高速デジタル信号は自然には存在しないため、これらの信号自体がノイズの原因である」と述べた。

CDの販売は減少し続けていますが、ストリーミングオーディオ市場は活況を呈しています。 より高速なデータ接続は、インターネットを介してより高い解像度でオーディオを提供できることを意味します。

Amazon Musicは、高解像度のしきい値を容易に超える最大192 kHzおよび24ビットのストリームをサポートします。 音質が高いほど、ライブコンサートホールに近いリスニング体験を提供します。

Velvet Soundブランドは2014年にデビューし、Linn、Astell&Kernなどの高級オーディオ機器ブランドで使用しています。

広範な採用を妨げる1つの障害物はデータ量である。 5分の曲の場合、標準CDには約50MBのデータが含まれています。 しかし、朝日かせいグループの新しいチップで、同じ曲に7GBが必要です。 CDの場合は約140倍です。 5G通信の浮上にもかかわらず、ストリーミング用データの量は途方もない。

言い換えれば、新技術を試みた人々の初期の反応は、会社の耳に音楽でした。 先月、ドイツのオーディオトレードショーであるハイエンドミュンヘンで、このチップがデビューしたとき、訪問者は、生成されたサウンドがライブミュージシャンを聞くのと同じくらい自然だと言いました。

READ  日本の学校、ウクライナ人が学業を継続できるように寄付金を募集

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close