トップニュース

新しい米国基地プロジェクトのデモを続ける

埋立作業が始まって3年ぶりに、日本南部沖縄県に新たな米軍施設を建設するプロジェクトに反対する集会が開かれた。

名護市への子地区沿岸埋立地埋立地で重装備と建設車両を持った労働者が目撃された。

このプロジェクトには、県宜野湾市の人口密集地域にアメリカのFutenma飛行場の機能を移転するための滑走路建設が含まれています。

沖縄防衛局は、埋立地の作業の半分以上が、US Camp Schwabの南側、埋立地の近くで完了したと述べた。

国はこれまで約170万立方メートルの土壌が埋立に使用されたと言います。

火曜日には、約50人のデモ隊がキャンプシュワップの入り口の前に集まり、プロジェクトの中断を要求しました。

93歳の祖母は、美しい海岸を将来の世代のために保存したいと言いました。

先月、都道府県は当初の計画に追加された埋立地の柔らかい基盤を固める方案を含め、修正された埋立地計画を拒否した。

READ  Lisa's Wanderings around Japan / Gokayama:藁葺き屋根は祈りの気持ちでオロナン手のジェスチャーを反映します。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close