トップニュース

新しい統計は、日本で遠隔勤務が働いていることを示しています。

遠隔勤務は日本で流行したことがありません。 しかし、それは変更することができます。 日本政府の新しいデータは、ファンデミック期間中に始まった傾向を維持する価値があることを発見しました。 そして他のデータは、女性が最大の恩恵を受ける可能性があることを示しています。

強制的な状況変化

日本企業は時々古い伝統と技術にこだわるので、ノックを受けます。 適切な例:Webサイトを再コーディングしていない企業に鳴るアラーム Internet Explorer以外のブラウザで動作するには。 そしてその国は現金のない技術を採択するのに遅かった(今は急速に変化しているが)。

しかし、日本と他のビジネスの世界は、感染症の前に遠隔勤務にほぼ同意した。 私の言うことは、彼らはすべて普遍的にそれを嫌っていた。

たとえば、COVID-19の感染症以前は、アメリカ人の約23%が遠隔勤務を頻繁に行うと述べています。 日本でははるかに低く、約10%の人々だけが遠隔で働いたと言いました。[2]。

しかし、もちろんすべてが変わりました。 日本のファンデミック期間中、在宅勤務率は最大27%まで上昇しました。 日常生活が徐々に感染症の前の状態に戻り、その数はやや減少しました。 しかしある程度在宅勤務が日本に滞在するためにここにいるようです。 最近のWeWork Japanアンケートによると、職業がハイブリッド作業を支援すると答えた人々の数が、2021年の48.6%から2022年の55.6%に増加したことがわかりました。

在宅勤務が死ぬまで仕事をやめるのでしょうか?

つまり、遠隔勤務は日本に滞在するためにここにいるようです。 しかし、百万ドルの質問は、これが労働者にとって良いのかどうかということです。

新しい政府報告書はそうです。 実際にそうです。

報告書は「過労による死亡防止戦略白書」である。 この新聞は、全国の10,000人の労働者を対象に平均睡眠時間を調査しました。 在宅勤務を頻繁に行う人々とそうでない人との間で睡眠時間の著しい違いを発見しました。 自宅で働けない人の場合、54%だけが夜に6時間以上寝ていると報告しました。 しかし、毎日在宅勤務をしている人の66%が十分なzを受けていると報告しました。[4]。

在宅勤務は睡眠だけでなく影響を与えた。 毎日在宅勤務をした人々は、そうでない人よりも高いレベルの幸福と生活の満足度を報告しました。

ウォーキングの心も恩恵

在宅勤務は特に日本の女性にとって利益になるようです。

慶應義塾大学と東京NIRA研究所の共同報告書は、在宅勤務がワーキングマムに与える影響を調査した。 2022年5月基準で遠隔勤務が可能な母親は、週あたり平均32.9時間を働くことができることが分かった。 これは、2022年3月のデータに比べて週あたり8.8時間が増加した数値です。 平均的に在宅勤務が可能な女性は、そうでない女性に比べて週4時間の追加勤務時間を受けます。[5]。

日本のウォーキングマムたちは仕事と生活のバランスのために長い間苦労して闘ってきました。 データによると、母親は家事と子育てに平均して週25時間を費やしています。、父が週にたった5時間ずつ働くことと比較すると。 これはOECD諸国の最大の不均衡です。

その結果、女性は月に136時間だけ働き、男性は平均181時間を働かせる。 矛盾は女性のキャリアの発展に悪影響を及ぼします。

しかし、遠隔勤務がこれを変化させているようです。 リモートで働く女性の場合、女性と男性の間の週間勤務時間のデルタは25%減少しました。 研究者はまた、遠隔で働いていない女性のデルタが減少するのを見たが、それほど重要ではなかった。 オフィスで働く女性はまだ男性の同僚と1週間に5.8時間のデルタを持っていますが、遠隔勤務者の場合は週に3.6時間のデルタがあります。

悲しいことに、すべての女性が男性の同僚のような遠隔勤務の機会を持っているわけではありません。 NIRAは、日本の女性の10%だけが自宅で働く機会を得ることを発見しました。 日本の男性のほぼ半分のレベルです。

状況はまだ「正常に戻る」です。 したがって、これらの変更のうちどれだけが時間の経過とともに維持されると言うのは難しいです。 しかし、少なくとも現在では、日本の遠隔勤務革命が生きていて健全であるようです。 次の課題は、男性と同様に女性も使用できるようにすることです。

次に読む内容

ソース

[1] COVID-19ファンデミックは引き続きアメリカで仕事を再構築しています。 ピューリサーチ

[2] corona禍の前後でこんなに変わった! マネギ

[3] ハイブリットワーク普及率、2021年から上昇して5割強に–WeWork調べ。 シネットジャパン

[4] テレワクロ 睡眠長く=適度な出社で幸福感も―過労死白書。 サポート

[5] 子育て女性、テレワクデ就業+週8時間働く機会拡大。 日経

READ  ドーム初G伝導矢野監督は「まだ和也補償だけ」...ゲーム差 "10.5"を追う阪神は残りの45試合をどのように戦うか (THE PAGE) - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close