理科

新型コロナ」突然変異種 “正しく知ろう遺伝子変異は、「HIV」でも頻繁に発生する:J-CASTトレンド[전체보기]

英国政府が2020年12月23日、新型コロナウイルスの変異種を確認したと発表した。 感染力の強さで警戒感が高まっている。 日本政府は、12月24日以降、日本人以外の英国での入国を一時的に中断している。

東京大学保健センター公式サイトによると、「一般的に、ウイルスは増殖における遺伝子の突然変異が起こりやすい。 ” 新型コロナウイルスも似たような性質を持つことができる。 コロナウイルスのような1本鎖RNAを持つウイルスである「HIV」は、特に、遺伝子変異が高頻度に発生することが知られているものである。

  • 新型コロナウイルス」突然変異種 “…既存のどのように違う

  • 新型コロナウイルス」突然変異種

アメリカの雑誌「サイエンス」に説明された「突然変異」の特徴

なぜ「遺伝子変異が高頻度に起こる「ことが問題なのか、前述の東京大学保健センターのサイトはこのように説明する。

「遺伝子をもとに作成し、タンパク質の構造に変化が起こることがありますが治療とワクチンは、ウイルスが作るタンパク質(酵素と膜タンパク質)を標的とすることが多く、この構造が変われば、これらの効果が弱くなるが、効果がなくなるが予想される “

今までこんなことを加味した薬やワクチンは、ウイルスの治療に開発されてきた経緯があるので、「今回の新型コロナウイルスの治療にも同様と考えられる」と述べた。

新型コロナウイルスが変異すると、具体的に何が起こるのか。

東京大学医科学研究所の河岡義弘教授と米国ノースカロライナ州台の研究チームが実施した動物実験の結果は、米国の科学雑誌「サイエンス」電子版に2020年12月18日に掲載されている。 既存の変異型ウイルスの各ハムスター8匹ずつを感染 “感染していないハムスター」に感染方法を調査したものである。これによると、変異型が感染することが早いが、既存の変異型との「症状の重さ」に差は見られなかったする。

また、既存の新型コロナウイルス用に開発しているワクチンも、突然変異の効果が期待できるという。 しかし、油断はできない。 「感染の増加と病原性との関係はまだ複雑で、年齢、性別、その他の併存疾患(編注:他の疾患を併存している状態のもの)の影響を受ける可能性がある」からである。 今後も感染の動向を注意深く見守る必要がある。

突然変異種で恐ろしい新型コロナウイルスだけではない。

厚生労働省は、「鳥インフルエンザ新型インフルエンザ」に変化に日頃から警鐘を鳴らしている。鳥に感染するタイプも、他の動物にも感染することになることができるだろう。厚生労働省の公式サイトでは、新型インフルエンザウイルスの発生経緯についてこう述べしている。

感染が繰り返されると、変化の可能性も高まるようだ。

READ  情報理論の父と呼ばれるクロード・シャノンの業績は? - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close