理科

新型コロナで民間救急 “今が限界」…無症状や濃厚接触者の移動手段、搬送数は倍増:東京新聞TOKYO Web

感染防止のために車両をビニールで覆う「民間救急感じ​​ “代表斎藤さん=東京都日野市

新型コロナウイルス感染拡大が続く中で、コロナ患者を医療機関や施設介護施設に移送する民間救急需要が増加している。 重症の対応に追われる医療機関や行政を補完する形で感染者の大部分を占める軽症や症状に不可欠な移動手段となっている。 (土屋晴康)

市民緊急救急車で搬送するほどの緊急性がない患者を医療機関等にピックアップする有料サービスです。 赤い光とサイレンを使用した緊急走行することができない。 正式名称は「患者等搬送事業」で、一定の要件を満たしている事業者を各自治体の消防本部などが認められている。

◆依頼が殺到「今が限界」

「11月に入ってからしきりに電話がある。コロナ患者搬送の準備と消毒などの手間が今は限界だ」 感染者の搬送を扱う「民間救急感じ​​」(東京都日野市)の代表齋藤学氏(37)はこう言う。

軽症や症状を療養施設のホテルや病院に濃厚接触者をPCR検査のために病院に搬送する。 保健所で依頼が8〜90%を占めている。 件当たりの費用は約10万円であるが、個人や企業でも依頼があります。

最近では、軽症者が入院を希望しても、宿泊療養に向けた数も増加している。 ホテルに搬送した軽症がその日に症状が悪化して病院に戻って搬送するケースもある。

◆搬送数は倍増追われる感染対策

同社は11月、コロナ患者143人を移送した。 10月に比べて搬送することは倍増した。 「最近は、週末や祝日にもかかわらず、依頼が来る」(さん)。 コロナ患者を移送することができる車両は、3つありますが、搬送前に車をビニールで覆う水しぶき対策を搬送した後、徹底し消毒が必要なためこれ以上は搬送できないという。

東民間救急サービス(東京都三鷹市)は、11月50〜60件の搬送要請があった。 10月に比べて20%程度増加しており、対応していない拒絶した。 担当者は、「以前は20〜30代が多かったが、今は50代以上が多くなっている。最も近い病院ではなく、30分や1時間程度かかる遠い病院に移送する場合も増えた」と話した。

◆コロナ対策は必須搬送請負は、いくつかの

東京消防庁によると、都内で270事業者が「民間救急」の登録をしている。 しかし、一般的な業務とは異なり、感染対策が必要なため、コロナ患者を移送することは、一部にとどまっている。

東京防災救急協会によると、東京の民間救急コールセンターに登録事業者95社のうち搬送を引き受けては15個くらい。 コロナの不安と、これまでの固定顧客が嫌いなものなどが理由だ。

◆簡単な進入感染拡大の懸念

一方、コロナ患者の輸送需要にベンダーが安易に優れて来ることを心配する声もある。 民間救急フィールドには、「ノウハウを学びたい」という問い合わせが増えているが、斎藤氏は「不足している機器に返送すると、クラスタ(感染者集団)を産むことができ、業界の信用に関係感染防止装置の基準などを行政が考えてくれればありがたい」と述べた。

全国約25の民間救急業者で作る民救患に搬送協会の内田正志・総括本部センター長(33)は「メンバーは結核などの感染症を想定して訓練をしている。福祉タクシーなどが民間救急に参加する場合があるようだが、十分な安全対策が取られなければ、搬送時の感染が心配だ」と話した。


READ  炎症性腸疾患(IBD)の治療市場レポート予測2028:(COVID-19インパクト)新興動向、投資機会と収益を期待| AbbVie、Pfizer、Takeda、Allergan - InvestAsian

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close