スポーツ

メルセデスF1ダイムラーが持ち株比率を下げねオスイ33%を取得【F1-Gate.com】

メルセデスF1はダイムラーが持ち株比率を下げねオスがチームの3分の1の株主となり、ダイムラー、ねオストートヴォルフが3分の1ずつ均等に所有することを発表した。 また、今後3年間トートウルフチームの代表を続けると発表した。

ねオスの3分の1の株式は主パートナーとして、既存のロールに追加される。 同時に、ダイムラーは現在、60%の株式を減らしトートヴォルフが33%を増やし会社に3者対等なパートナーとなる。

メルセデス・ベンツのワークチームが2010年にF1に復帰して以来、継続的な戦略的投資のスポーツへの取り組み商業成長を通じてチームは、2014年以来、前例のない、7年連続のダブルチャンピオン獲得F1のリーダーとなった。

2010年以来、ペトロナスとの象徴的絶えないタイトルパートナーシップによってサポートされているチームは、充実して権威あるパートナーのポートフォリオ、強力な商業利益を享受し、F1で視聴者と露出トップシェアを作り出している。

2021年からF1のビジネス環境では、チームが今後数年の間に、独立した財政の持続可能性を達成することができるようにする新たな金融規制によって変化する。 チームはメルセデス・ベンツの性能部門であるメルセデスAMGペトロナスF1との緊密な連携により、改善されたモータースポーツを超えた革新的なプロジェクトに高性能エンジニアリング機能を活用する新たなビジネス部門であるアプライドサイエンスを通じて、すでに多様化を開始した。

チームはメルセデス – ベンツF1チーム、ずっと今後数年間は、メルセデスシャーシとパワーユニットでレースを続ける。

推定800億ドルの年間売上高を誇るねオス参加の増加は、ダイムラーがチームを売却し、完全撤退する可能性があるという噂に信憑性をもたらす。 フォーブスによると、だねオス会社は、英国で最も豊富な(そして世界で74番目に豊富な)ジムラットクリフが、いくつかの所有して会長を務めている。

「大きな挑戦はねオス事故の核心であり、様々なスポーツに参加は、私たちが常に最高のものを目指していることを示している。今年の初めにF1に参加したときに新たなベンチマークを設定したメルセデスのチームと一緒に参加しているを選択し、その後どのように参加を増やすことができる方法について議論してきた ”

「これはF1の最上位にあるが、それでも、将来の成長の可能性が十分にチームに金銭的投資をする絶好の機会だ。メルセデスベンツ、そしてトトが率いる検証された勝者チームより優れたパートナーを希望することができなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1スポンサー

READ  ルイス・ハミルトン「新型コロナウイルスでF1チャンピオンに "孤独"が増幅 "[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close