世界

新型コロナの集団免疫」ワクチンなく無理」、スウェーデンの責任者は言う:東京新聞TOKYO Web

新型コロナウイルスの自己方法をとってきたスウェーデンの感染症対策責任者のダイナミクスのアンデスシュー・インテグレーネルさんが2日、日本記者クラブでオンラインで会見を開き、「ワクチンなく集団免疫を達成は不可能」などと述べた。

モニター画面を介しての記者会見スウェーデンコロナ対策責任者のアンデスシュー・インテグレーネル氏。左奥には国のペルエリックヘグベリー駐日大使= 2日、東京都千代田区、日本記者クラブで

◆厳しい都市封鎖せずに死んだ6000人

スウェーデンは、新型コロナ拡大し、他のヨーロッパ諸国のように、厳格な都市封鎖しなかった。 レストランや小売店の営業を続けて学校も閉鎖していない結果、人口は約1000万人の国で死者は6000人に達した。

インテグレーネル氏は、高い死亡率の原因は、高齢者施設の運営方法だったとし、「感染者が施設に入所して拡大させるなど、最初は問題があったが、是正した」と説明した。 「高齢者の施設には、従来からの問題があった。国民は、政府が新型コロナウイルスに失敗したとは考えていない」とし、国民は政府に高い信頼をしていると強調した。

◆欧州拡散 “寒さで室内の率高まった」

また、人口の60%以上が抗体を得感染を抑制する集団免疫の可能性については、「分析は非常に難しい。新型コロナの感染率は、都市と地方の差が集団免疫が動作しますかどうか、今では全く知ることができない。ワクチンなく集団免疫の達成は無理ではないか」と持論を述べた。

ヨーロッパをめぐる感染第2弾の要因は、「寒く、室内の比率が高まっていることで、夏の激しい都市封鎖解除後の人同士の接触が一気に増加した」と説明し。 それにもかかわらず、スウェーデンでは、マスクの着用をお勧めしない “ヨーロッパの多くの国で、マスクを義務化して感染が広がっている。少なくともヨーロッパでは、マスクの着用は解決ではなく、必然性はない」と述べた。 (沢田千秋)


READ  英国財務大臣今年の経済は11.3%減少すると予測 - 300年ぶりの記録的な収縮 - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close