理科

新型コロナは突然変異に感染実力も症状重くせずに東京大学など発表:東京新聞TOKYO Web

NIAIDは

新型コロナウイルスは、遺伝子が変異したもので、人の細胞に感染が増加して水しぶき水しぶき感染しやすくなったことを動物実験で確認された東京大学が12日発表した。 一方、症状を重くするような病原性の変化は起こらなかったという。成果は米国科学誌「サイエンス」電子版に掲載された。

◆細胞浸透能力8倍

ウイルスは増殖する際に遺伝子のコピーミスが起こる。 新型コロナウイルスは、遺伝物質RNAが1ヶ所の変化」D614G」という変化が発生し、表面のタンパク質の構造が若干変わったことが分かった。 現在、日本を含む世界中で流行しているウイルスは、この変異型が大部分を占めるのに対し、この突然変異によってウイルスの性質がどのように変化するかについての詳細な研究はなかった。

東京大学医科学研究所の河岡義弘教授と米国ノースカロライナ州のなどの研究グループは、従来と変異型ウイルスを感染させたハムスターの各8匹を1匹ずつ、他の監禁した。 それぞれのおりから5センチ離れた監禁感染していないハムスターを入れた結果、2日後には、変異型の横にあった8匹のうち5匹が感染した。 一方、既存の1匹も感染が見られなかった。 4日経つと、既存の変異型の両方のすべてのペアに感染が発生したが、変異型では、すでに飛沫感染が起こっており、電波やすいことが分かった。

試験管内の実験では、変異型が従来より人の細胞に入る能力が3-8倍高かった。グループは、「変異型が非常に短期間で、既存のウイルスを凌駕凌駕して行われたことを説明する「としている。

◆症状には違いなく、ワクチンの効果

一方、両方の形式に感染したハムスターも肺炎の重さに差がなかった。 また、感染し回復した人から採取した抗体を二つの型のウイルスに反応させた結果の違いは見られず、既存のを基に開発したワクチンもの亜種と同じ効果が期待できるという。

河岡教授は「新型コロナは、人から人への感染が非常に多く繰り返されているので、その分、性質が変わる突然変異が起こる可能性は高くなる。ワクチンが効果がなくなる突然変異が発生するのかは分からない」と指摘している。 (森耕一)


READ  最後にワームホールを「安全に渡す "方法が発覚! 1万光年を1秒に移動すると、キーは5次元宇宙だった! (最新の研究) - TOCANA

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close