世界

新型コロナウイルスの副作用として、医療現場の従業員の不足招く危険性が – Bloomberg

新型コロナウイルス感染(COVID19)ワクチン接種による副作用は、発熱と悪寒、頭痛や関節痛などがあり、副作用が発生した場合には、医師や看護師の一部が勤務していない恐れがある。

米国食品医薬品局(FDA)から緊急使用許可(EUA)が出ればファイザーやモデルルナウイルスが数週間程度でリリースされる可能性があり、医療機関は、病院の主要な従業員のワクチン接種を準備している。

今週は、米国疾病管理予防センター(CDC)の諮問委員会は、医療従事者との長期療養施設入居者の接種を勧めおすすめした。 COVID追跡プロジェクトのデータによると、米国では2日現在、10万人が新型コロナ感染によって入院中の病院側に医療従事者のワクチン接種に応じて、従業員の作業スケジュールに深刻な問題が発生するおそれもある。

医療スタッフは、ワクチン接種のために仕事を離れて、予防接種クリニックに向かう必要がある。 副作用が発生した場合には、主要な従業員が数日間の仕事を離れる可能性もある。 このような状況を克服するために、従業員の勤務スケジュールをずらして対応する病院もあるほか、シフトが終わっ数日休みに入る前に、従業員にワクチン接種を模索する医療機関もある。

  マサチューセッツ総合病院の救急の幹部を務めてポールビディンガ氏は、ファイザーとモデルルナ大規模後期臨床試験で十分なデータを見なければ、これからの仕事を見ることは難しいと言う。

両社は、まだ臨床試験の結果を十分に開示していなかったが、最近の記者発表資料で公開した、これまでの試験結果は、一定の安全性プロファイルが表示されている。

テキサス州の病院の新型コロナ患者の集中治療室での治療には、医療スタッフ(11月8日)

写真家:中村と/ブルームバーグ

ファイザー社のパートナー、ドイツ雨テッドクウン11月18日後期臨床試験で深刻な安全上の懸念は観察されなかったと報告した。 2回のワクチン接種を受けた参加者の3.8%が退屈(退屈)感2%が頭痛を経験した。 比較的高齢の参加者は、副作用の報告が少なく、軽いだった。それは、以前の試験は、軽度から中等度の発熱が確認

一方、モデルルナは11月16日、後期臨床試験でも、深刻な安全上の問題は確認されなかった発表。 硬度の中等度の副作用として、疲労(9.7%)、筋肉や関節の痛み(5.2%)、頭痛(4.5%)、注射部位の痛み(2.7%)があった。 副作用は2回接種の2回目以降に発生するのが一般的であったとする。

バンダービルト大学のワクチン研究プログラムのディレクター、バディクリチウム氏は3日、「意外な症状は、目に見えないものに私たちは非常に安心している。副作用は、私たちが使用している他のワクチンでも、一般的な」と指摘した。 「すべてに発熱や悪寒が生じるわけではない」ことを忘れないでほしいと述べた。

原題:
ワクチンの副作用のリスクが急増する中で、医療従事者を壊し(抜粋)

READ  Googleマップの交通情報の精度がDeepMind機械学習ツールとしての向上 - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close