理科

新型コロナウイルスの飛沫防止用シートに関する火災予防に注意| OVO [オーヴォ]

物販店などのレジなど感染拡大防止対策の観点から、飛沫防止シートのインストールが増加しているが、消防防災の観点から問題となる場合があることを知っていますか? 新型コロナウイルスの感染拡大で、世界の対面の場所のあちこちで感染拡大防止対策の観点から、飛沫防止シートのインストールが増加しているところです。 皆さんも一度目に敵がいるのではないでしょうか。 この水しぶき防止用シートによる対策、ウイルス感染拡大の観点だけ把握して考えると、非常に良い方法だとすることができますが、消防防災の観点から把握した場合、問題はないでしょうか?

水しぶき防止用シートの火災の危険性

水しぶき防止用シートは、確かに、人と人との間に一種の物理的な壁を設けることができるので、感染防止対策としてのアイデアは、言葉ということができると思います。 しかし、火災予防の観点から、シートの材質も考慮する必要があります。 水しぶき防止用シートの材質は、点火・燃焼しやすいことがあるからです。 また、シートは、透明なものであることから、これに起因する危険性というのも認識しておかなければなりません。 実際、今年の4月に大阪の物販店舗のタバコ店で新型コロナウイルス感染予防対策レジに設置されている水しぶき防止シートが焼損、火災が発生しました。 そして、その火災の原因はタバコの店舗で販売している作家たちの努力に点火された火炎が水しぶき防止シートに燃やしたことでした。 幸いなことに、負傷者の発生と燃焼拡大していなかったが、災害というのは、このように考えることもで発生することです。 これらのシートはサイズも大きいので、一度点火すると炎の燃焼拡大にも役立つ大きな火災を引き起こす可能性があります。 このような点から、消防法では、物販店や飲食店などの不特定多数の人が出入りする建物(以下「物販店など」といいます。)にカーテン、カーペットなど(以下「カーテンなど “)をインストールする場合には、法令で定められた防炎性能を有することをインストールする必要がないという規定もあるところです。このような火災の危険性を考慮しつつ、また、飛沫防止シートのカーテンなどに該当する場合もあるということを認識しながら、これをインストールするときは、次の点に注意しましょう。

・火気の使用設備・器具、白熱灯などの熱源となることから距離を取る
※熱源によりシートが燃えてしまう場合があります。 シート状のものよりも板状のもの(上の図の挿入写真のようなもの)の方が、火災発生の危険性が減少します。

・必要に応じて難燃性または不燃性のものを使用を検討することが
※防炎物品の防炎性能を持つ製品の使用を推奨。 詳細については、管轄の消防本部に相談してください。

避難経路の詩人障害が発生し危険

建物には火災などの災害発生時に、在館を安全に避難させるために誘導灯する設備が設置されていることがあります。 しかし、必要以上に水しぶき防止シートを設置することにより、これらの誘導灯の視認障害(シートが邪魔に誘導灯と避難口が見えなくなること)が発生することがあります。 水しぶき防止シートのインストール時には、詩人障害生じないように必要最小限にして、場合によっては、管轄消防本部の指導を眺めることも必要です。

火災探知機とスプリンクラーヘッドの正常な動作を妨げる危険

水しぶき防止シートを火災警報システム火災探知機とスプリンクラー設備のヘッドに近接してインストールすると、通常の動作の妨げになることがあります。 このような状況は、火災を早期に発見することを妨げて初期消火を遅延させるのみならず、消防法で定める技術基準に抵触します。 これは一般的な住宅に住宅用火災警報器の場合も同様です。 新型コロナウイルスの感染防止対策が敵がされ、大きな火災が発生してしまったり、逃げ遅れてしまったりすることがあって安全対策としては、本末転倒です。

このように、「向こうを立てればこちらが立たず」等は、1つの事項に対策をとると、1つの事項に問題が発生するということは、様々な法令の規定がある中で、多くの場合に発生することができます。
例えば、防犯対策(簡単の建物に出入りさせない対策)と災害時の避難・救助対策(簡単の建物に出入りできるようにする対策)は相反する側面があります。 両方の要素の妥協や落ち、どこを適正に確定それぞれの対策を採用することが重要です。 どのように対策を採取すべきかわからない場合には、専門家と消防本部に相談するのが良い。 建物の形態に応じて最善の対策というのは、別の検討が必要な部分もあるが、このような新型コロナウイルスが、一方で、火災の危険を増幅させる可能性を秘めていることを十分に認識した後、対策がウィードコロナの時代に要求されるものです。

[물보라 방지용 시트의 연소 실험 영상 (아키타시 소방 본부 홈페이지)]
https://www.youtube.com/watch?time_continue=11&v=ytS062j0A-c&feature=emb_logo

[소방청 전단지 (총무성 소방청 홈페이지)]
https://www.fdma.go.jp/mission/prevention/items/himatsuboushi_leaflet.pdf

<필자 약력>

中野秀作:消防防災コンサルティング2002年:九州大学理学部卒業
2004年:消防拝命精霊消防局予防部で働いて(一般火災予防規制担当・指導業務担当危険物規制担当)
2009年:総務省消防庁本庁の予防とで働いて(一般火災予防規制・指導業務担当危険物規制担当)
※東日本大震災の際、熊本地震時の被害地域本部に対応。
2017年12月に退任
2018年:Nプラス行政書士事務所を設立(代表行政書士)
平成31年:Nプラスコンサルティング株式会社を設立(代表取締役)
※現在二の代表を兼任中

中野秀作:消防防災コンサルティング

(中野秀作:消防防災コンサルティング)

<관련 기사>

レジの前にソーシャルディスタンス誘導足跡マーク。 行動経済学などで人気の「ナッジ理論」とは?

マイナスポイント還元は取引? 私の番号のカード取得とキャッシュレスは進むのか

「ウィズ・コロナ」に高まる地方移住の意欲電源の生活の利点と成功の秘訣は、

READ  NASAが8ヶ月にわたった中断を経て、太陽圏を脱出した「ボイジャー2号」に戻って信号を送ることに成功 - GIGAZINE

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close