世界

新型コロナ発生源は、中国ではない!? 中国当局「輸入冷凍食品から取得した「検疫強化:東京新聞TOKYO Web

新型コロナウイルス(NIAID提供)

【北京=中沢稔】中国当局が新型コロナウイルスが付着して感染を広げる恐れがあるとして、輸入冷凍食品の境界を大幅に強化している。 世界保健機関(WHO)などは、冷凍食品での感染拡大に懐疑的であるが、中国の一部の専門家は、議論が続い新型コロナの原因をめぐり、「輸入冷凍食品の湖北省武漢市にウイルスが持ち込まれた可能性 “を言及し始めた。

◆WHOは冷凍食品の感染に懐疑的

中国の税関総署輸出入食品安全局Bi Kexinひつこくしん局長は12日の記者会見で、国外に再感染が広がっている状況を勘案して、「輸入冷凍食品での感染リスクを防ぐために検疫を強化した」と述べた。 これまで輸入冷凍食品の約87万のサンプルを検査して、13件の養成になって扱った国外の8つの企業に1〜4週間の輸出中断措置を取った。 8社は、インドネシア、ロシアなどの企業が含まれる。

畢氏によると、防疫体制に問題がある輸出企業22社と輸出業者の従業員のクラスタ(感染者集団)が発生した企業99社の資格停止または一時輸出停止などの措置を講じた。 また、天津市の小売店で販売された輸入冷凍食品で新型コロナが発見されたなどとして12日から市内の冷凍食品の卸売市場を閉鎖した。

中国メディアは、北京市の市場では、クラスタが起きた6月以降、輸入冷凍食品で感染が広がる可能性を活発に伝える。 中国の疾病予防コントロールセンターは、10月中旬山東省青島港から輸入冷凍食品の包装でアクティブの新型コロナを世界で初めて発見したと発表した。

◆一部の専門家は、「無限の感染も輸入の可能性」感染源説に反発

同センター呉尊友ごそんゆうシニア専門家は、中国新聞環球時報の取材に「北京と大連、青島の感染は、輸入魚介類で起こっており、無限の感染もそうじゃないか」と述べた。無限医大両ジャンチュ同じ選集教授も同じ認識と呼ばれるこの新聞に発表した。

一方、新聞は冷凍食品が無限の感染たい説は「まだ証拠不足」との見方も伝えた。 WHOと欧州保健当局は、冷凍食品での感染リスクは低い感染防止策を講じる必要はないとの見解を示している。

中国政府は、新型コロナの発生源が無限との見解に反発しており、外務省スポークスマンは、3月には、「米軍が無限にウイルスを記録した」と主張した。


READ  インタビュー:自民・石破氏出馬言及せず、本格的な総裁選を - ロイター

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close