理科

新型コロナ累計1万人以上の患者もひどい人も多く…「第3の波は非常に厳しい」埼玉県医師会長:東京新聞TOKYO Web

コロナない患者の治療について、「今は大丈夫だと思うが、限界がある」と危機感をこすり金井忠雄県医師会長=さいたま市浦和区に

新型コロナウイルス感染が埼玉県でも急速に拡大している。 感染者の累計は11日に万人を超えた。 十日に一日の新規感染者数は過去最大のバック八十八人が発表され、入院療養中の患者数が最も多い千六百六十一人に達した。 高齢患者の死亡も相次いでいる。 県医師会金井忠雄会長は11日、本紙の取材に「非常に困難な状況にある。自分が感染する可能性があると考えて行動してほしい」と警戒を呼びかけた。 (聞き手・飯田樹与)

– 10日前の患者千六百六十一のうち、入院中六百二十三人(病床利用率51・4%)でジュンジュンヌン三十人(重症病床利用率28.6%)。 このような状況をどのように見るか。

患者がさらに増える可能性がある中で、50%以上は高く、危険な状況である。 今後50%と考えることもできるが、あくまで病床の物語。 医師や看護師などの人材はめいぱいかもしれない。 一人が二人分働いていても、数的に見えない。

医療従事者を捻出(捻出)するのは大変な努力がいる。 他の病気の患者がいること抜くだろう。 コロナ以外の病気に対応今まで影響はないと思いますが、限界がある。

– 現在の累積感染者数が万人を超えた。

最初の波は、何も知らない恐れがあった。 第二の波は、患者数が多く、比較的軽増加多く、その分の恐怖はなかった。 しかし、第三の波は、患者数も深刻な病気の患者も多い怖がある。 非常に困難な状況にある。

– 県の病床確保計画はピークに必要な重症病床は二百床であるが、実際に確保しているバック三十五床(対応病床は百五床)。 危険群の高齢者施設でのクラスタ(感染者集団)が多発している。 どのように確保する。

(繁忙期確保する全病床)2400八床から二百床を確保することで、各医療機関に重度の受け入れをお願いするしかない。

また、各医療機関によって受け入れ患者の症状の軽重が異なるため、その配分を円滑にしたい。 先月末備え(音声確認後の合併症とリハビリに退院することができない患者を受け入れる)転院患者収容病床もその一環である。

– 年末年始の医療体制は。 また、県民に言いたいことは。

各郡市医師会は、年末年始に必ず各したところは診療医療機関を開くことができるようにお願いした。 マスクをしていない人もいるが、「自分は感染するかもしれない」と思ってほしい。 感染予防は、 “人に感染させない」ということを最優先に考えてほしい。


READ  ウルトラマンvsオーガ:英雄、悪役が登場する列車

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close