スポーツ

新姿のAteneo、日本ポケットトーナメントデビュー戦でインドネシアを86打で制圧

New Blue Eagles Paul Garcia、Kai Ballungay、Joseph Obasaは、日本の世界大学バスケットボールシリーズの始まりで、インドネシアのUniversitas Pelita Harapanに対するAteneoの86ポイント屈辱で誇示しています。

マニラ、フィリピン – Ateneo Blue Eaglesは日本で開催された世界大学バスケットボールシリーズのトーナメントで声明デビューを行い、8月9日火曜日、インドネシアのUniversitas Pelita Harapanに86ポイントルーターを125から39に渡しました。

Geo Chiu、Chris Koon、Forthsky Padrigaoなどの若い選手は、Kai Ballungay、Paul Garcia、Inand Fornillos、ナイジェリアの学生選手、Joseph Obasaなどの新人選手とチームを結んで、フィールドで60%のシュートを達成しました。 ( 47%) 3つから。

同僚のFil-Am Jalen Greenの元チームメンバーであるGarciaは、ダウンタウンで3/5シューティングで17得点をリードし、Ballungayはほぼ完璧な7/8クリップで15ポイントを記録しました。

パドリガは19分間、14得点6アシスト4リバウンド4スチールを記録し、クンド5ボードで14得点を上げた。

インドネシアは、Ateneoが28-6の出発のために1クォーターの残りの部分を28-4得点に収容する前に、短い2-0の出発を楽しんだが、決して振り返らなかった。

Tab Baldwin監督のチームがいつものように、Blue Eaglesは最後のブザーが鳴るまで積極的にプレイし、規制の最後の瞬間に深いところで最後のガルシアのキルショットを86ポイント進め、最終スコアを設定しました。

負傷したUAAP MVP Ange Kouameに代わる6フィート11インチのObasaは、20分間、12得点、9リバウンド、3アシストを記録し、JC FetalveroとChiuはそれぞれ11ゴールと10ゴールを記録しました。

Ateneoは、8月10日水曜日午後6時45分(マニラ時間)に台湾の国立Chengchi University(NCCU)と競技しながら勢いを続けることを目指しています。 – ラッパードットコム

READ  東京選手にPED提供したセラピスト起訴

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close