経済

新日本チップメーカーRapidus、開発・投資競争に参加

日本の新しいチップメーカーであるRapidusは、技術開発と投資競争でアジアの競争相手に追いつくための挑戦に直面しており、かつて繁栄した産業を復活させようとしたため、国家に対する不安定な見通しを残しました。

トヨタモーター、ソニーグループ、その他日本の主要6社が作成 総投資額が73億円(5,200万ドル)の次世代半導体ベンチャーは、2027年に日本で最先端の2ナノメートル技術でチップを大量生産する計画です。 これらの高度なチップは5Gで利用可能です。 通信、量子コンピューティング、データセンター、自律走行車、デジタルスマートシティ。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく伝えるのに役立ちます。

今購読してください

READ  バングラデシュに対する日本の援助がWB、ADBの融資を上回る

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close