トップニュース

新東京カカオジャパニーズキットキャットの素晴らしい真実

特別な地域の多様性が見えるわけではありません。

日本は他の地域で栽培された材料を含む地域専用のKitKatsで有名であり、最近追加された製品は 東京カカオ

名前が示すように、この新しいKitKatは東京で栽培されたカカオを使用しています。 小笠原という世界遺産に登録された島チェーン。

▼本土から小笠原までは24時間かかりますが、公式には東京の一部です。

新しいKitKatは11月9日に東京で販売を開始し、できるだけ早くパックをピックアップするために最寄りの在庫販売店に立ち寄りました。

チョコレートはカカオビン型のパッケージで、4個のチョコレートが756円(US$5.05)、8個入っているギフトボックスが1,296円です。

東京はもちろん、日本で栽培され生産されたチョコレートを毎日味わえるわけではないので、後世のために一パックずつ購入しました。

▼カカオビン包装がとても可愛いですか?

ネスレによると、東京で栽培されたカカオ 強くてフルーツの香りと柔らかい味 このKitKatにスタイリッシュな優雅さをもたらします。 近所のスーパーマーケットで売っているのは普通のキットキャットよりもはるかに高価ですが、東京カカオの希少性を考えると、やや高い値札がわかります。

▼平塚製菓カンパニーは 2003年から小笠原でカカオ栽培

しかし、私たちが本当に知りたかったのは、このプレミアムKitKatが同じプレミアム味を提供するかどうかでした。

チョコレートを一口ベア噛むと柔らかくエレガントな印象を与え、 カカオの強い風味を生かした柔らかい甘さ。 カカオは確かにこのショーの主人公であり、その味を害する他のものはほとんどなく、それは絶対においしかったです。

東京で栽培され育ったチョコレートを味わえる特権を享受し、詳しく調べるために包装紙を裏返してみるとバラ色のメガネが目から離しました。

パッケージにはチョコレートが最初の成分として表示され、かっこ内に「カカオマス」、次に「カカオ豆」、そしてその豆の原産地が「東京小笠原諸島ガーナ」と記載されています。

私たちを騙しやすい人と呼んでいますが、どういうわけかそう思いました。 東京カカオキットカットは東京で育ったカカオだけで作った。。 結局、名前の核心だった。

しかし、振り返ってみると、そのようなチョコレートが本当だと言うにはとても美味しいことがわかったはずです。 総面積が84平方キロメートル(32平方マイル)の東京の小笠原諸島は、KitKatsの大規模大量生産を支援する能力がありません。

私たちはこの実現に少しがっかりすることはできませんでしたが、結局私たちは豆の明るい面を見ることにしました。 少なくとも私たちは珍しいカカオを食べることにしました。 そして島の貢献なしに、これは異なる味のKitKatでした。

したがって、私たちはまだ試してみる価値があると思います。 島レモンだけを使っているオガサワラのもう一つの新しいKitKat。 チョコレートは東京エリアのお土産店、東京駅の東京ギフトパレット店、羽田、成田空港で購入できます。

写真©ソラニュース24
●ソラニュース24の最新記事が浮かぶとすぐにニュースを聞きたいですか? Facebookで私たちをフォロー そして Twitter
[ Read in Japanese ]

READ  アステラス、日本のエンツマプベビーもティーン新薬申請書の提出

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close