経済

新法案は日本の経済安全保障を強化しているようだが、企業は警戒している。

世界経済が米中競争とコロナウイルス大流行の影響を受け続けている中、日本政府は今月末、日本の経済安全保障を強化するための法案を議会に提出する予定です。

岸田文夫首相は4日、閣僚会議で「経済安全保障は国民の安全と安全を守る緊急の問題」と話した。

米国と中国間の緊張の高まりを背景に、経済安全保障がスポットライトを受けたのは最近のことです。 その後、サプライチェーンの混乱や半導体などの重要な製品の欠如のために、新しい警鐘を鳴らしたファンデミックが到来しました。

法案には名前が明記されていませんが、中国は政策立案者が念頭に置いている国であり、日本は明らかに中国に対する境界を強化するためにワシントンと協力しています。 新しい規制は、機密情報の漏洩を防ぎ、世界2位の経済大国の収入依存を減らすように設計されています。

地政学的・地政学的状況を考慮すると、日本の民間部門は経済安全保障の重要性を理解していることを示した。 しかし、専門家や財界指導者は、新しい政府の規制が企業活動に影響を与える可能性があると懸念しています。

現在の経済安全保障法案は4つの柱で構成されると予想されます。

  • コアインフラストラクチャセキュリティの強化
  • サプライチェーンの安定性を強化
  • 先端技術開発のための民管協力の促進
  • 敏感な技術に対する特許を非公開に保つ

政府は立法の実効性を確保するために民間部門に一部負担を加える予定だ。

12月現在、神奈川県横須賀市に建設中の火力発電所。 政府は、ユーティリティなど、14の事業分野の企業がインフラ管理システムの設置計画とサプライヤーを報告するよう義務付けると予想される。 | 刑務所

たとえば、インフラストラクチャのセキュリティを強化するために、政府は14の事業分野の企業がインフラ管理システムの設置計画とサプライヤーを報告することを義務付けており、デバイスと部品の調達場所を事前に審査することができると予想されます。 一部の日本メディア報道によると、ガス、石油、電力、水、鉄道、トラック、航空、空港、国際貨物、通信、放送、郵便、金融およびクレジットカードが14部門です。

虚偽申告をしたり申告をしないと、最高2年以下の懲役または100万円以下の罰金が課されることがあります。

コアインフラストラクチャへのサイバー攻撃が世界中で増加しているため、政府は国内インフラ会社がこれらの攻撃に対して脆弱なデバイスを使用しないようにします。

サプライチェーンの安定性を強化するため、企業と国民の生活に必要な物品を特化商品に指定する。 半導体、医療用品、希土類が指定される可能性が高い。 政府はこれらの物品を扱う企業を財政的に支援する計画であり、当該企業に供給業者が誰であるかを報告しなければならない。

民・官技術協力を通じて敏感な情報を流出する企業に対しても課徴金が課せられる見通しだ。

核・防衛産業関連の秘密特許情報を共有する場合にも処罰を受けることになる。

ただし、このような制限及び罰則は国会審議を経て改正することができる。

2月7日東京で経済安全保障担当長官小林高之刑務所
2月7日東京で経済安全保障担当長官小林高之刑務所

企業は、規制が国際競争力を阻害する可能性があると懸念している。

日本経済人連合会も「日本企業が国際競争で不利益を受けないよう(法律)、米国、ヨーロッパなど他の国と比較して企業活動に過度な制約を加えてはならない」と話した。 Keidanrenは次のように語った。 ポリシー文書 水曜日発売。

政府は彼らの懸念をよく知っています。

小林隆之経済安保担当長官は2月7日、徳良正和軽鍛錬会長に会い、経済安全保障法案の必要性についての理解を求めながら悩みを伝えた。

小林は「制限を最小化するのは当然だと思う」と述べた。

経済安全保障に関する包括的な立法が必要かもしれませんが、経済学者は、処罰が制限された場合にのみ適用されるべきであり、政府は規制の影響を受ける企業と方法を明確に提示しなければならないと言います。

東京のシンクタンク「野村研究所(Nomura Research Institute)」の木内高秀(Takahide Kiuchi)エコノミストは、「規則が曖昧であれば、政府が裁量により規制範囲を増やすことができる」と述べた。 「これは企業をより慎重にし、全体的なビジネス活動が萎縮するリスクを提起します。」

キウチは、政府が国益を優先しているが、一部は外国企業であり、多くの日本企業が現在海外の利害関係者を保有していることを考えると、日本企業はこれを念頭に置かないかもしれないと付け加えた。

しかし、より大きな絵を見ると、Kiuchiは、より多くの国が経済安全保障を名目に規制を強化するにつれて、国際社会が自由市場から少しずつ離れていると懸念しています。

木内氏は、「自由市場と自由主義を尊重する先進国は、中国に対抗するために企業と共に政府の介入を深めている」と述べた。 これらの国家が中国政府が実行する国家資本主義と同様の立場に立場を移しながら「徐々に自由市場の利点を失う可能性がある」と話した。

情報 Kyodo が追加しました

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  ASCII.jp:[저렴한 스마트 폰 정리]「Pixel 5」「Pixel 4a 5G」を発表楽天で注目の小型端末「Rakuten Hand "

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close