理科

新生物は、Amazonではなく、砂漠や山の頂上など “不毛の場所」で生まれ多様化 – GIGAZINE



アマゾンの熱帯雨林は、生物多様性の宝庫であると考えているが、新しい研究では、アマゾンのように多様な生物が見られる「ホットスポット」よりも、元の生物が少ない「コールドスポット」が、実際に新生物の進化と多様化を促進発表された。

熱帯の生物多様性のホットスポットの進化| 科学
https://science.sciencemag.org/content/370/6522/1343

急速な生物多様化の中核、ホットスポットではなく、「寒冷地」| NSF-国立科学財団
https://www.nsf.gov/discoveries/disc_summ.jsp?cntn_id=301810

研究を行ったルイジアナ州立大学の科学者によると、アマゾンの熱帯雨林は、これまで信じてきたものより新しい生命体が少ないこと。 砂漠や山の頂上のような生物自体が存在しない場所では、多様化の大きな可能性が残ってという逆説この逆説の「ホットスポットよりもコールドスポットが新しい生命体が生まれ速度が速い」と研究員はリードしてきました。


研究者は、ルイジアナ州立大学自然科学博物館で凍結された組織サンプルを使用して、熱帯雨林の主要鳥のグループを調査を実施。 このコレクションには、世界24カ国から集まった1287種類の鳥の組織サンプルが含まれています。

組織のDNAを分析した結果、研究者は、スズメ目の亜目である暴君亜目というの熱帯雨林に生息する主な鳥の遺伝関係をマッピングすることに成功しました。 暴君亜目は、米国に広く生息する鳥であるが、砂漠の熱帯雨林、雪山の頂上など、様々な環境で異なる特性を持って生きています。

分析の結果、乾燥して安定していないか、またはのような極端なコールドスポットには、新しい生命体が進化する余地が十分に残っていることを発見したと研究者は述べた。 一方、アマゾンの熱帯雨林のようなホットスポットに多様性を見ることができる長い時間をかけて種が蓄積された結果と見ることができます。


「私たちの研究結果は、極端な場所で種は迅速に形成されていくが、適切な環境で氏が蓄積されて多様性ホットスポットを生むことを明らかにした」と研究を行う生態学者Robb Brumfield氏は語った。

研究の結果に基づいてBrumfield氏は種類が豊富なアマゾンだけでなく、多様性が目に見えないものの新型発生に寄与する地域も保全活動をしていくべきだと訴えました。

この記事のタイトルとURLをコピー

・関連記事
人間から採取されないので、進化した植物があるという報告 – GIGAZINE

哺乳類の絶滅速度が加速多様性の回復は500万年以上かかる – GIGAZINE

同性愛は人類社会」の競争上の優位性」があったので、進化した – GIGAZINE

「人類は今、進化していない」と科学者が言及 – GIGAZINE

人類の体が今この瞬間にも進化し続けていることがわかるイラスト – GIGAZINE

READ  NASAの忍耐火星探査船着陸は必ず見なければならTVになります

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close