技術

新製品レビュー:FUJIFILM X-S10 – デジタルカメラWatch

「最終的にこの日が来たのか……」というカメラが登場しました。 5軸6段の手ブレ補正効果を持つXシリーズの新機軸「X-S10」です。XS系といえば、一度会社にネオ一眼スタイルのデジタルカメラ「X-S1」がありましたが、今回はレンズ交換式です。

※このレビューのテストした製品は、試作段階です。実際の商品と一部異なる場合があります

剛性感あふれる “作成”

Xシリーズは、「クラス」と呼ばれる概念で、カメラに階層が設定されていないため、撮像センサーと映像エンジンの世代が同じであれば、撮影性能は基本的に変わらないのが魅力です。

本製品も例外なく、最新世代の有効約2,610万画素X-Trans CMOS 4(裏面照射型)と画像処理エンジンX-Processor 4の組み合わせになっています。 したがってグレイン効果粒度が選択可能で、カラークロームブルーなどの選択をすることができるのも嬉しいポイント。 動画撮影性能も備えています。

外観を見てみると、まるでリトルX-H1という雰囲気。 大きなグリップとコンパクトなボディを組み合わせた……というか、なぜかXシリーズ」ではない」と感じるほど、人間工学に基づいた外観デザインになっています。

グリップ見た感じは最高で剛性感に満ちています。 試験レンズ鏡筒を持っている “工夫”というか、退屈よう力をかけてみたが、X-T2以前カメラよりも明らかに剛性が向上して、意地悪をしても、マウント部隙間がなくなっています。

分かりやすく作業系

操作性もGood。 これまで同社のカメラは「富士フィルムの機械のユーザーであれば、 “という条件付きで分かりやすい操作系になっていましたが、X-S10は、誰にでも分かりやすいユニバーサル操作性が反映されたデザインになっています。

さらに、モードダイヤルにカスタム登録が割り当てられるため、直感的で、すぐに任意に設定したユーザー定義の仕様を選択することができるのはかなり良さそうなポイント。 欲ばあとが、つまりC5があれば、より嬉しいと感じています。

記録メディアスロットは、バッテリ室同居SDシングルスロットのが少し残念ですが、このサイズ感なら仕方のないことだろうと思ってしまうほどコンパクト。

EVFはX-T30のようなものが採用されているので、見て気持ちはX-T3やX-T4 X-H1と比較すると少し窮屈。 ディスプレイの設定を見ると、ブースト時の挙動に微光優先/解像度優先/フレームレート優先を選択できるようになったのが新しい点の解像度重視と確かに少しきちんとした表示されます。

感覚的には、柑橘類が1.4倍という感じで少し滲みが減っ明瞭に見えました。 設定すれば、フレームレート優先か、というのが筆者の感想ですが、ノーマル状態でも文句はありませんでした。

作例

小型軽量が、グリップは良く、撮影性能は、X-T4とほぼ同じです。 つまり、分かるよね? どのように転んでも悪いはずがない組み合わせなので、使用感については、約束したものとなっています。 さらに、X-T30などと比べてガジェット感が薄れていることも非常にGood。 特にサムレスト周辺がよくやっているよ。 例として、4時間握りしめたまま、スナップ散歩見ても全く疲れませんでした。

Xシリーズを手についつい撮ってしまうのが、これらのモチーフ。 今日は違った雰囲気で撮るよ! 強く心に決めて外出した、本当に不思議です。

X-S10 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS(55mm)/ Procrama AE(F5.6・1/420秒・±0EV)/ ISO 160

富士フイルムのカメラは、基本的な絵作りの緯度可能、印象があります。 それはフィルムシミュレーションを定義しても同様。 コントラストを高めても私には飛ばず、崩れそう崩れている。 トーンコントロールは、デジタルリニアではなく、アナログライクに曲線的に行われているかのように感じます。

X-S10 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS(55mm)/ツイスト優先AE(F5.6・1 / 2,200秒・±0EV)/ ISO 320

画像という感じではなく、写真の感じで撮られるのも富士フィルムの魅力。 絵作りの考えに自分の理論が宿っていると感じられるので、他のメーカーの代替にならないですね。 ローキー撮影時、特にそれを感じます。

X-S10 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS(55mm)/ Procrama AE(F4・1/80秒・-1.7EV)/ ISO 1000

コンパクトサイズなのに開放F値を熱心にしているレンズキットがここにある。 登場からそれなりの時間が経過しているが、まだ「優秀だ」と思います。 個人的なことを言えば、いくつかの味がありません。 しかし、これ1本でなんとかなると感じさせるレンズ。 コンパクトなボディとのマッチングが良い。

X-S10 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS(18mm)/ Procrama AE(F3.2・1/100秒・-0.3EV)/ ISO 160

高感度画質はこんな感じ。 ファームウェアがまだ正式版がなかったので、あくまで参考程度にお願いします。 しかし、X-T30やX-T4と同等の印象があります。

X-S10 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS(55mm)/ツイスト優先AE(F4・1/80秒・+ 0.3EV)/ ISO 2500

PSAMモードでAE傾向は従来モデルと大きく変わらない感じ。 中央部重点測光に基づいて、「一端側拠点測光値を考慮して、終末 “コントロール。 慣れてくると使いやすいが、露出補正を駆使する感じです。

X-S10 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS(31.5mm)/ Procrama AE(F5.6・1/125秒・+ 0.7EV)/ ISO 320

Qボタンでカスタム設定を選択ではなく、モードダイヤルで直接ユーザー設定を選択することができる、本当に良いアイデア。 これだけで「X-S10欲しい」という気持ちを否定することはできません。

X-S10 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS(34.3mm)/ツイスト優先AE(F7.1・1/55秒・-0.3EV)/ ISO 320

撮影を通じて感じた点:Goodポイント

良い印象だったのは、操作に対する応答が上位モデルと同様に速い。 これは…物欲の真ん中を貫通モデルの香りがします。

作例はないが、フルオート時のAEが大きく進化しているのは、特に強調したいポイントだと感じました。 これまで富士フィルム製品に搭載されたフルオートモードでは、露出補正を理解している中級者以上のための調整感じチューニングだったので、「このチューニングで実際の項目のユーザーが使用不満が出てきてないと思っているのだろうか?」という意見を禁じすることができませんでしたが、X-S10は非常に優しい方向」これなら誰にでもお勧めできる」という印象になっています。

特に顔検出時の露出制御が実物に近い再現に改善されたことは大きな進歩でしょう。

それでも全体的には、サードパーティの機械に比べて露出補正を駆使する頻度は高価ですが、一方、視点を変えてみると、「カメラを操作して、自分の意図を写真に反映させている」という “積極的に表現をコントロールする楽しさ」のようなことを体感することができるとも把握することができますので、個人的にはフジらしさが丁度いい塩梅で表現されたAEすると思います。 勝手言うより賢くても良いと思うけどね。

富士フィルムの検討した結果、以下のような回答を得ることができました。

フルオート時のAE制御は、かなり改善されています。 その他の自動カラークロムの効果は、カラークロムブルー、透明度、Dレンジ優先反映させるなどの進化点があります。 通常時のAE制御は変更しないので、今まで通りの傾向で使用することができます。

操作性は非常に良く、特に左の肩のダイヤルにより、フィルムシミュレーションを直感的に操作することができたり、右の肩のモードダイヤルに配置されたC1〜C4のユーザーの位置に応じて、あらかじめ登録しておいたカスタム設定に迅速に移行することができる点についても感心しました。 これは良いGoodです。

撮影を通じて感じた点:不満ポイント

気になったのは、シャッターボタン、まるでスイッチのように強制的に感じてリリースした後、指を離すと、「ペコ」と手頃な価格の音がところ。 また、電源操作したときの動きの渋さと反動感など。 率直な感想を言えば、もう少しこだわって作り込んで良かった部分です。 今回テストしたのは、プロトタイプだったので期待を確認してみる “仕様です」とのことでした。

残念だったのは、他のXシリーズではおなじみのゴミ箱ボタンを長押ししてからダイヤル米でSDカードのフォーマットがあるショートカットがあり、X-S10は、それは不可能です。 代替作業も用意されていません。

筆者は、スナップで俯瞰撮影(下を向いて撮ること)することもかなり多いので、バリアングル式のモニターが少し難しいです。

X-S10 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS(55mm)/ Procrama AE(F5・1/120秒・-1.0EV)/ ISO 320

下に向けたときに簡単に見ることができるよう位置を操作すると、大多数のアングル式のモニタは杞憂ですね。 この状態で、水平を取ろうと思うと、本当に難しい。 腰集めで撮ったりする(ウエストレベル撮影)も難しく、瞬間的に狙った構図を取るのが困難である。 もちろんアングルのメリットも理解しているので、ベストパナソニックLUMIX S1Hのようなチルト機構のアングルがいいなぁと思う今日この頃。

シャープネスを操作すると書くとき、忙しいことも、同じセンサーとエンジンを積む、他のカメラのようでした。 ここ改善してほしかったところ。

要約:X-H1ユーザーが見た感想

小さな不満は、いくつかのあったが、全体的には「これは買わざるを得ないのは……?」という気持ちが優勢です。本当にとんでもないカメラをブチ込んできたがいくんだというのが本音です。APS-Cフォーマットを採用しているミラーレス機の中でも決定版と言っても過言ではないかと思います。

バッテリーソモウン朱色万+よく電源の操作をして、約4時間で500ショットした段階で残量は13%であった。 手ブレ補正機構(IBIS)を搭載し、同じバッテリー(NP-W126S)を使用するX-H1よりも少し良い(10%程度)なのか? という感じです。

X-H1ユーザーの観点から見ると、大きさと軽さが非常に魅力的です。 だから指ゴルゴイ良く、しっかりとつかむことができるグリップを持っていることを非常に望ましいと考えています。

撮影性能の高さでもX-H1ユーザーに悔しい思いをしています。 特にAF性能の違いは、スナップショットも無視できないリアルな現実に体感できるほどの性能差があります。

IBISの効果についてはほぼ同等かな? という感じ。

不満点でたシャッターボタンの揺れは、X-H1もあります。 しかし、リリース感X-H1が圧倒しています。 ハイエンドモデル以外で最初にシャッター衝撃吸収機構の採用により、何か考え方が違う? 想像していましたが、X-S10リリース感X-T30に非常に似ている感じでした。

EVFは繰り返しになるが、比較もせずに、X-H1が進んでいる。

撮影し、より快適な集中することができるのは、X-H1。 より軽快でいろいろなことに挑戦したくなる軽さがあるのは、X-S10印象でした。 両方がお互い交換製品がある存在ではなく、やはりキャラクターが他のカメラという感じが名称が示すように、他のラインとする感じがします。

1台あれば必要十分なのだが、Xシリーズは、複数の購入することができてしまう微妙(絶妙なとも呼ばれる)の価格設定(レンズを含む)と、各カメラのそれぞれのキャラクターが線製品展開なので、実際にXシリーズユーザーには見れば変カメラが増えるされます。

散歩用には、X-T30、本気撮影には、X-H1撮影を楽しむことができるX-Pro3 …、という具合にクラスではなく、シーンに応じて使い分けができてしまうこと。 切実にユーザー心理を突いてきますね、こういうカメラを作るには。

READ  Best Earphones [2020]-最高のイヤホン高音質 で重低音

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close