技術

既存のシステムを「今は動いているからだ」と、そのまま放置してはならない理由 – GIGAZINE


タリンドミンゴス

2019年になっても3分の1の企業がWindows XPを使用し続けるイル、飛行機はこれまでにも「フロッピーディスク」が使用されてイルとレガシーシステムこの使用されている事例は多く存在します。このような従来のシステムの弊害についてのセキュリティの専門家であるロバートN.シャ氏が技術標準化機関IEEEポッドキャストで言ってます。

古いコードと古いコーダーの問題-IEEEスペクトル
https://spectrum.ieee.org/podcast/computing/it/the-problem-of-old-code-and-older-coders

システムの代替が進んでいないレガシー・システムに変わってしまう理由は、新しいシステム開発時には潤沢にあった予算がメンテナンス段階で消費し、システムの更新に資金を投入することができなくなり、システムが他のシステムと密接に結合し、単一システムを維持するよりもコストがかかることが挙げられるとCharette氏は説明します。

また、システムがある「データ」を別のシステムに移行することができませんが、ためにシステム自体を更新することができないという事例もあるそうです。 例えば、米国内国歳入庁は60年前に、システムを運用していますが、これは「60年前から蓄積された数百万人の納税者データ」があるからだとCharette氏は語っており、長期間のシステム稼動すればするほど、代替が困難な「システムのパラドックス」の存在が指摘されています。

生まれた1945

これらのレガシーシステムを何とか交換するために、2000年から2010年までの10年間、全世界で少なくとも2.5兆ドル(約263兆ウォン)の支出が発生したが、7200億ドル(約75兆8000億円)を代替障害のために無駄にされてしまったこと。 この現象について、「問題の規模は計り知れず、世界に残っている、従来のシステムの規模は不明だ」とCharette氏は指摘した。 これらの従来のシステムによる問題は、政府だけでなく、民間企業でも発生しており、情報を公開していない民間企業がより従来のシステムの状況を外部から把握することは難しいと言われています。

また、既存のシステムは、運用コストだけでなく、サイバーセキュリティの問題も抱えています。 2019年には、米国内の100の行政システムランサムウェア被害が報告されており、標的となったが、多くの従来のシステムでした。 また、既存のレガシーシステムに十分なセキュリティを提供する唯一の機能がないことも問題視されています。


しかし、従来のシステムを取り巻く環境は、 “DevOps“の登場で変化を見せているということ。DevOpsは、ソフトウェア開発と運用を一体で見る考え方で開発と運用が断絶されていたので、起こっていた既存のシステムの問題を解決へのアプローチの可能性を持っています。システムの交換には、引き続き検討が必要ですが、DevOpsによって運営段階での故障や費用が下がるとCharette氏は言います。

この記事のタイトルとURLをコピー

・関連記事
大陸間弾道ミサイルと核爆撃機の操作にまだフロッピーディスクを使用していることが明らか – GIGAZINE

新型コロナウイルスの影響で「半世紀以上前にプログラミング言語の名手」が急募される事態に – GIGAZINE

30年以上の「5インチフロッピーディスク」を継続して使用していたところがあったことが判明 – GIGAZINE

飛行機はこれまでにも「フロッピーディスク」が使われていることを発見 – GIGAZINE

Windows 10で表示されるエラーの原因は、1974年のOSにあった – GIGAZINE

READ  [리뷰]発売間近! GeForce RTX 3080の様子を実物確認 - PC Watch

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close