日、北朝鮮戦のキャンセル後ワールドカップ予選進出

Estimated read time 1 min read

日本はFIFAが北朝鮮との試合日程を再調整しないと発表した後、ボールを取らずに2026年ワールドカップ予選最終段階に到達する準備ができているようです。

北朝鮮はもともと火曜日の平壌で予選を行う予定だったが、試合をドット前に突然孤立した国家が理由を明らかにしないまま開催ができないと関係者らが突然話した。

金曜日、アジアサッカー連盟(AFC)は試合をキャンセルしたと明らかにし、FIFAは国際サッカー日程が足りないという理由で週末に試合を行ったり日程を変更しないと明らかにした。

サッカー界は「この問題と試合結果はFIFA懲戒委員会に回付されるだろう」と付け加えた。

その結果、北朝鮮は3-0で敗れ、日本が米国、カナダ、メキシコで開かれるワールドカップ予選3段階に進出することができる。

また読んでください:アメリカはメキシコを2-0で破り、CONCACAFネイションズリーグ優勝を果たしました。

日本は木曜日、東京で開かれたアジア予選B組で北朝鮮を1-0で破って3戦3勝を収めた。

スペインとドイツを破って日本をカタールワールドカップ16強に進出させた森康ハジメ監督はホーム競技で説得力のない姿を見せた後、北朝鮮戦を発展の機会にしていた。

彼は金曜日に「懸念される部分と改善が必要な部分を修正する機会を失ったのは不幸なことです」と述べました。

「今まで積み上げてきた成果をもとにチームとして発展することを目指します。」

日本は先月アジアカップ8強戦で優勝候補に出場した後、イランに2-1で敗れた。

READ  日本のより多くの患者は、感染症の中で「分割された」OTC薬に変わります。
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours