理科

日の出や日没から見たグリーンフラッシュは、「月・金星・水星」も| sorae宇宙へのポータルサイト

太陽、月、金星、水星グリーンフラッシュ

晴れた日の夕方、太陽が地平線や水平線に没する直前ちょっと太陽表面の頭頂部付近で緑のフラッシュを見ることができます。 この現象は、 “グリーンフラッシュ(緑のフラッシュ:力専攻)」とされています。

グリーンフラッシュは、太陽光(可視光線)が地球大気に屈折されて発生することが知られています。 夕方は太陽の大気を横切る距離が長くなります。 したがって緑色の光は、波長が短く屈折率が大きいため、大気中で散乱されてしまいます。しかし、波長の長い赤色に近い光が散乱されず、地上に到着します。 夕日が赤いのはそのためです。 しかし空気が非常に澄んだことなどの条件が良ければ緑色の光が散乱されず、地上に到着グリーンフラッシュを起こします。

太陽だけでなく、月と金星、水星によるグリーンフラッシュも難しいが観測することができます。 望遠鏡や望遠レンズを使用すると、天体が地平線や水平線の近くにあるとき、先頭の画像のような魅力的なグリーンフラッシュを撮影することができます。画像の上部には、太陽(左)と月(右)グリーンフラッシュでそれぞれ2019年18日、2020年58一日にシチリア島で撮影します。また、下段は2020年524仕事夕暮れに西の地平線に現れた金星(左)と水性(右下)のグリーンフラッシュの地中海の島で撮影されました。 ただ、最近金星と水星が西の空からアプローチしていました。

【参考】沈む太陽の連続写真。 沈没寸前の数秒の間に発生する(Aleksandar Cikota / ESO)

また、2020年11月には、東京府中市でまれにグリーンフラッシュが観測されるなど、SNSを中心に話題を集めています。 もしグリーンフラッシュ観測をしようとする場合の注意事項ですが、太陽を肉眼またはレンズ越し直接見ると、目に悪影響を及ぼす可能性がありますので、必ず太陽の光を感光するのに使用したり、沈没直前まで直接見ないように気をつけましょう。

画像クレジット:Marcella Giulia Pace
出典:APOD https://apod.nasa.gov/apod/ap200530.html
文/吉田哲

READ  コロナウイルスは20,000年前の東アジアを席巻した

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close