日ユニクロ、ロシアの撤退、事業の売却本格化

Estimated read time 1 min read

(ロイター) – 日本ブランドユニクロが昨年ロシアで事業を中断した後、ロシアを去ることに決めたと日刊イズベスティアがロシア貿易部次官を引用して伝えた。

Uniqloの所有者であるFast Retailingは、2022年3月にロシアで衣料品ブランドの運営を停止し、モスクワがウクライナへの攻撃を「特殊軍事作戦」と呼び、数多くの国際企業に加わりました。

Viktor Yevtukhov産業通商部次官は、会社がロシアを完全に去ることに決めたが、まだ政府に申請書を提出していないため、まだバイヤーがいないことを意味すると、Izvestiaは火曜日に報じた。

Izvestiaは、Yevtukhovの言葉を引用して、「潜在的な買い手にビジネスモデルを提供できると思います」と述べました。 「日本の小売業者は、賃貸契約、良い買い手の交通、および機器と一緒に人気のある販売時点を提供できるでしょう。」

ファーストリテイリングは、ロイターのコメント要求に即座に応答しませんでした。

ペストリーテイリング創業者の柳井太田は、先に日本メディアにユニクロがロシアで50店舗を運営していると明らかにした。

(リディア・ケリーとロッキー・スウィフトの報告、Muralikumar Anantharamanの編集)

READ  記録、メダル、タイトル:スターリング大学でスポーツ成功の1年について
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours