日医師、事業年度も始めればさらにひどくなる「春疲れ」警告

Estimated read time 0 min read





(ゲッティイメージズ)

日本で新しい会計年度が始まり、人々が熱心に見知らぬ環境に飛び込み、精神健康クリニックのある医師は不安、疲労、眠りにくいなどの「春疲れ」の症状について警告しました。

「5月のブルース」を意味する「コガツボン」は、4月末から5月初めまでのゴールデンウィーク連休以降、転換期に多くの人々に影響を及ぼす状態で日本で一般的に知られています。 しかし、「4月ブルース」と呼ばれる一連の特定の症状もあるようです。


頭痛、めまい、疲労など

東京中央区にあるニンギョチョ精神クリニックは会社員が多く訪れる場所で、4月には頭痛、めまい、疲労、不眠症などを訴える患者が多い。 これらの症状は、身体機能を制御する自律神経系の機能障害によって引き起こされます。

クリニック院長の勝宇吉は、新会計年度による職場や家庭環境の変化、気温の変化に対処する際、自律神経系に過度の負担がかかることが原因だと説明しています。 春は気分を良くする傾向がありますが、意図しない過労につながり、人々のストレスを重み付けることもできます。

製薬会社津村物産が実施したことと疾病に対する認識調査によると、勤務経歴3~5年目の人の約60%が4月に天候が良くないと我慢する傾向がより多いと答えた。





該当個人が提供した写真には、東京中央区忍交町精神クリニック院長の勝久さんの姿が盛り込まれている。

勝氏は4月に積もったストレスと疲労がゴールデンウィーク連休以降は「5月のブルース」で表面化し、意欲不足など適応障害につながると言います。


症状を無視すると「6月ブルース」につながる可能性があります

4月と5月を上回る人もいますが、6月になると精神的、肉体的健康が悪化し、うつ病に分類される「6月ブルース」を経験することもあります。

カツはストレスをかけているコイルスプリングに例え、「急性疾患である適応障害は、重量を上げると再び跳ね上がるスプリングのようだ。 肉を抜いても元の状態に戻らない」とし「ストレスを遠ざけても状態が好転しない場合は慢性疾患のうつ病に転換されたことを疑って見なければならない」と話した。

特に中・長年層管理者に対する関心が必要だ。 休暇を過ごしたり、他人に仕事を任せたりすることは困難な場合があります。

(デジタルニュースグループ稲垣智文の日本語オリジナル)

READ  日本、ベトナム、マレーシアのAppleユーザー、アプリにもっと支払う技術
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours