エンターテインメント

日帝強占期終息から朝鮮半島分断まで:映画人ヤン・ヨンヒ、世代的トラウマ体験

SEOUL:受賞歴のある映画監督のヤン・ヨンヒが金日成主席の60回目の誕生日を迎え、200の「人間の贈り物」の1つで日本を去る大きな兄を見たとき、彼女はわずか6歳でした。

北朝鮮の国が鳴って広がると、紙吹雪の彫刻が流れ出ると、彼はフェリーが新潟港を出発する前に彼女にメモを渡した。

日本で在日朝鮮人「在日同胞」共同体の一員である彼女の両親が、他の二人の息子を同じように過ごしてから1年後の1972年だった。 皆のための仕事。

少年たちは決して後退しなかった。

現在57歳のYangは、「私の両親はそのような無意味なプロジェクトを思い出した企業に一生を捧げ、そのために自分の子供たちを犠牲にするよう強要しました」と話しました。
AFP

日帝強占期末から朝鮮半島が分断されてから数十年に至るまで、家族の苦しみを世代にわたって記録した大阪生まれのYangのすべての映画には、兄弟姉妹たちから離れたトラウマが反映されています。

彼女の父親は大阪で有名な親北の活動家であり、1970年代に平壌と東京が組織した送還プログラムの一環として、彼の息子たちをそこに送りました。

1959年から1984年の間に約93,000人の日本系朝鮮人がこの計画に従って北朝鮮に去った。 ヤンの兄は、金日成を称えるために特別に選ばれた200人の大学生の一人だった。

政権の約束はほとんど行われていなかったが、在日同胞は強制的に滞在するしかなかった。 彼らの家族は彼らを取り戻すためにできることがほとんどありませんでした。

ヤンヤンの両親は、「すでに子供たちを送った後、選択肢はありませんでした。 子供たちを安全に(北朝鮮で)守るために政権を離れることができず、さらに献身しなければならなかった」と話した。

「兄弟を人質にするシステムに怒りがありました。」

彼女の両親とは異なり、ヤンは反抗した。

– 「私は自由にしたかった」 – ヤンは日本で差別されたと言った。 彼女の韓国系統を理由に何度も雇用を拒否し、映画プロジェクトで解雇された。

彼女はまた、コミュニティの親北の感情と交わらなければなりませんでした。

彼女の父は彼女が文学を勉強した大学を運営する総連(日本の事実上の平壌大使館)の著名な人物でした。

学校に通うとき、学生が指導者「金正日の文学理論」のあるテキストを解釈してほしいという要請を受けたとき、Yangは一度空白ページを提出したと話しました。

そして北朝鮮の指導者、金日成と金正日の肖像画が並んでいる家で、彼女は兄弟たちを遠くに送った親を恨みました。

「私は自由にしたかった」とYangはAFPに言った。

「私は…日本人のふりをすることもできたし、父と兄弟たちに率直ではなく、何の問題も知らないように行動したかもしれない」

「しかし、本当に自由になるためには、彼ら全員と戦わなければなりませんでした」。

結婚に失敗し、平壌の高校で教師として約3年を過ごした後、彼女はドキュメンタリー映画制作を勉強するためにニューヨークに去った。

そして彼女が家族の物語を解き始めたのは映画を通してでした。

彼女の最初のドキュメンタリー「親愛なる平壌」は2005年に公開され、サンダンス映画祭やベルリン映画祭を含む批評家の賛辞を受けました。

それは彼女の兄弟を訪問するために旅行中に羊のビデオカメラで撮影された画像を含む北朝鮮の内部の珍しい独立した外観を提供しました。

これに謝罪を要求した総連は怒った。

それまでヤンさんは韓国国籍を取得して兄弟たちを再び訪問することができませんでした。

「莫大な価格ですが、後悔はありません。少なくとも映画を作り、家族の話をしたいという私の欲望に忠実でした」とYangは説明しました。

– 祖国に向けた必死的 – その旅の最後の段階は、今年劇場公開を控えた映画「国と思想」だ。

子供たちを熱烈に愛しながらも平壌に対する忠誠度の高い母親カン・ジョンヒの話に焦点を合わせる。

45年間、彼女はセイコーの時計を含む平壌の息子に食べ物やお金、その他の商品を送って現金に交換しました。

ヤン氏は母親がしばしば「不自然で過度に陽気だった」とし、「北朝鮮の指導者たちのおかげで」息子たちが平壌でよく過ごしていると話した。

監督は「しかし、家では一人で泣いた」と話した。 特にカン氏の息子が双極性障害診断を受けた後だった。

Yangは、彼女の母親が彼女が余裕がある病気のためのすべての薬を彼が必要とするかもしれないまま日本から北朝鮮に送ると言いました。

彼は2009年に死亡しました。

老年に、彼女は羊に別の衝撃的な出来事について話しました。 まさに1947-54年、済州島で蜂起を鎮圧するために韓国軍が流血鎮圧したことでした。

国立中央博物館によると、3万人余りが命を失った。

これにはカン氏の婚約者と親戚も含まれた。

ヤンさんは「母は祖国を切望した方だ。 済州に行きたかったが、やむを得ず去らなければならなかった。 日本で自分の位置を見つけられなかった」と話した。

「彼女は信頼できる政府を探していて、北朝鮮を信じました。」

そこに羊の生き残った二人の兄弟が残っています。

彼女が直面する困難にもかかわらず、Yangはまだ言いたいと言いました。

彼女はAFPに「子供のころから「こう言わないで、しないで、いつもこう言いなさい」という言葉を聞き続けた」と話した。

「どんな対価を払ってもやりたいことに気づきました。」

READ  米国の女性ゴルボル代表、ブラジル破っパラリンピック開幕

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close