経済

日本、「ワクチンパスポート」の相互承認が必要:AmCham

日本最大規模の海外ビジネスロビーのある役員が日経アジア、日本が海外で注射を外国人が入国できるように計画されたCOVID-19ワクチンの証明書を相互に認めなければならないと述べた。

特別顧問、元の日本、米国商工会議所の会長であるChristopher LaFleurは、日本から来た旅行者のための入国制限を解除した国で予防接種を受けた外国人旅行者に無料の入国が保証されるように、日本政府に要請した。 相互です。 “

日本は7月末から予防接種を受けた市民に「ワクチンパスポート」を発行する予定であり、これを海外出入国管理当局に提示すれば、海外旅行をされて生かすことができる。 しかし、入って来る旅行者の相互移動の詳細については、まだ議論中です。

LaFleurは最近のインタビューで、「このような認識は、相互必要があります。」と言いました。 「米国が日本の記事を認めるならば、日本は喜んで、米国の文書を認めてください。これは、政府への挑戦です…そして、私たちがそのような種類の相互承認システムが急速に確立されることを願っています」と、以前に役立つLaFleurは付け加えました。 マレーシアの駐在米国大使として活動しており、アジア外交に精通します。

今月27の加盟国と一部の非EU加盟国にデジタルCOVID証明書を導入することにした欧州連合の決定は、「非常に励みです。…日本がすぐに同じ線に沿って何かを採用することを願っています」とLaFleurは言いました。 、それぞれの国には独自の公衆衛生の責任があることを強調します。

「そうでなければ、私たちは、日本政府が市民に予防接種の記録を発行し、海外旅行をすることができますが、外国人は、日本に入国することができないという、やや不便な立場になります。 [without restrictions]、 “彼は言った。

「この [vaccine] 認定は、相互必要があります…米国が認めた場合[s] 日本の文書…日本は、米国の文書を喜んで認め必要があります。 」とChristopher LaFleurは言います。(写真提供:ACCJ)

日本最大の国際的なビジネスグループであるACCJは5月末、欧州ビジネス協議会、オーストラリア、ニュージーランド、日本、カナダ商工会議所と政府のワクチン証明書採択を求める共同声明を発表しました。 海外旅行を再起動するために。

彼らは、日本の全予防接種を受けたり、抗原を持っているか、二回連続PCR検査音声を受け、そのような資格を持っている人々のために、「日本旅行と分離の制限を緩和」することを促しました。

最初の論文の形で発行される日本のワクチン文書には、ワクチン接種日、メーカーなどの情報が含まれます。 東京は後でアプリを介してデジタルの予防接種の文書を提供する計画だが、「国際的な旅行を拡張するには、デジタルトラックを持つことが合理的であること」とLaFleurは言いました。 特定のアプリの詳細情報は、まだ公開されていない。

彼は「政府が旅行者の健康状態を文書化するために、国際的に認められたシステムを導入するのが賢明だと思う」と、国際航空運送協会が提案したフレームワークをサポートすることにした、シンガポールの決定を言及した。 いくつかの当局は、Commons Project Foundationで設立したものを使用することを考慮しています。 「私たちは、日本でもその方向に動くのを見たいと思います。」

LaFleurはワクチンプログラムのおかげで、今年末までに、日本経済が回復されることを希望しました。 日本は6月の地方自治団体が運営する事業所のほか、全国の事業所で大規模なキャンペーンを開始しましたが、より多くの日本の都市が予防接種が不足して予防接種の予約をキャンセルしている。

私たちのデータによると、木曜日、現在、日本人の23.9%が、少なくとも一回のワクチン接種を受け、これ2ヶ月前の2.4%から増加した数値です。

互恵は外交の標準であるが、日本の外国企業は、その原則が予防接種の記録に適用されるか、慎重に見ています。 コロナウイルスの発生初期に、日本は再入国を許可したにもかかわらず、永住権や長期の外国人も入国を禁止しました。 ただし、検査を受けて分離を受けたら言葉です。 差別待遇は、日本の国際社会で多くの人々を激怒させた「差別的な政策」とされたとLaFleurは言った。

日本の欧州企業協議会(European Business Council)のMichael Mroczek会長は昨年6月の記者会見で、EUがEU市民非EU市民の両方を可能にすることにより、移民政策と関連して、日本とEUの間で「互恵性が不足」と言いました。 、日本を含む帰国するブロックの長期居住者です。

ワクチン証明書に関連してLaFleurは、これらの書類が日本でワクチンを接種される日本人と外国人の両方に発行されることに感謝していると語った。 しかし、彼は「まだわからない」と全世界での予防接種を受けた外国人の書類を、政府がどのように処理するのかについて語った。

去る5月ACCJの共同声明は、政府の外国人と日本人との均等に入国検疫措置を適用することを促した。

日本の外国人入国禁止は、8月解除され、新しい入国は日本のビジネスと居住トラックで短期間に増加した。 しかし、これらのカテゴリの非居住者に対する迅速な入院は、新しい感染波が日本を襲って、世界的に亜種が拡散され、1月に停止した。 現在、人道基づいまたは必須の労働者だけが、例外があります。 しかし、承認プロセスは不透明です。

「海外の多くの国での公衆衛生状況が改善されているので、日本が人口を増やすことが重要です。 [who] LaFleurは、これらのプログラムの下で許可されることがあります。」とLaFleurは言って、現在のポリシーにより、夏のシーズン中に挨拶を転勤するのが「事実上不可能」するための制限がますます深刻な問題となっている付け加えました。

彼は「企業が主要な従業員を置き換えることができなくすることは、日本の投資を検討している企業には明らかに失望感の要因になるだろう」と付け加えた。

去る5月には、東京は日本の長期居住者を含む、インド、ネパール、パキスタンで旅行する非日本人の到着を禁止する新しい規則を発表しました。 LaFleurは「日本は旅行制限管理のアプローチで後退しました。」と言いました。

READ  年末年始1月11日までの休暇の延長を要求新型コロナ政府分科会| 新型コロナウイルス

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close