スポーツ

日本、すぐに福島海水放出発表

日本政府が破壊された福島原子力発電所のタンクに保存された膨大な量の放射能水を太平洋に放出して処理することを決定したと地元メディアが報じた。 デモと安全性の問題の中で、数年。

菅義偉首相は水曜日水産協会の高位関係者たちに彼の政府は、海上の放出が最も現実的な選択であり、最終的な決定は、「日以内」に下されると信じていると述べた。

省の関係者は、金曜日の主要な相会議で公式発表がすぐにあると予想されると述べた。 彼ら教徒ニュースや他のメディアの報道について長官が早ければ火曜日に会うだろう、すでに最終決定に到達したという報道を確認していなかった。

政府パネルは、福島のイメージと地域の漁業やその他の多くのビジネスを損なわずに水を処分する方法について7年間議論の末、2年前の海での放出が最も現実的な方法であるという報告書を作成しました。 報告書は、以下の望ましいオプションで蒸発に言及しました。

この放出は、ユーティリティ東京電力が原子力当局が承認した施設を設置した後、約2年後に始まると予想されます。 予備推定によると、工場浄化が完了する前に漸進的に水の放出が完了すると予想されます。

海への水の放出は、地元の漁師と住民の激しい反対に直面しました。 岸宏、日本水産協同組合会長はシュガーが提案した釈放計画を拒否し、政府に漁業被害をどのように解決するか説明するよう求めた。

政府は、地元の漁業を支援して、被害を補償するために最善を尽くしと述べた。

2011年に強力な規模9.0の地震と津波が福島発電所の冷却システムを損傷させて3つの原子炉のコアが溶けた。

以後10年の間に冷却水は、破損した1次分離容器から原子炉建屋の地下に絶えず抜けています。 損失を補うために原子炉の内部に残っている溶けた燃料を冷却させるために追加の水が原子炉に励起された。 水はまた、ポンプと処理され、いくつかのは、冷却水として再利用され、残りは工場の約1000個のタンクに保存されます。

電力会社TEPCOは約124万トンの放射性水と競合しています。

東京電力と政府関係者は、少量でも無害な三重水素は水から除去することができませんが、処理のために選択された他のすべての放射性核種は、解放のために安全なレベルに低減することができていると言います。 しかし、一部の科学者たちは、このように大量の水が少量にさらされて海洋生物に及ぼす長期的な影響は知られていないと言います。

オペレータは、タンクの137万トンの容量が2022年にいっぱいになり、解体施設のためのスペースを確保するために、タンクを取り外す必要がありすると言いました。

日本は透明性と大衆の信頼を高めるために、安全確認と監視に国際原子力機関の参加を要請しました。

READ  ピエールオクラホマ "今ならフェスタッドペᆫワ同じシステムで競争" /レッドブルホンダF1[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close