トップニュース

日本、その後の地震リスクに対する新たな警報発令

中央政府は11月8日、日本海口や千島海口周辺で大規模地震が発生した場合、 その後の地震

政府はこれを「後続の地震」と呼び、これは一般的に大きな地震が発生した後に感じる弱い余震と区別するために作られた用語です。

新しいアラームは、1日に200,000人以上の死を招く可能性がある規模9の地震に対する政府の準備の一環です。

新しい警告は12月16日にオンラインで公開されると管理者は言いました。

このような緊急事態が発生すると、その後の地震の危険性があるため、被災地の住民に一週間にわたってより強力な防災措置を講じるよう促す警報が発せられる。

震災が北海道内外、三陸沿岸で震災となる規模7の地震が発生すると、気象庁と内閣は地震発生2時間後に合同記者会見を開き、地上に警報を発令する。 その後の地震の割合は、通常よりも高い。

その後、地方政府はラジオを含む利用可能なメディアを通じて住民に知らせます。

警報が発令されると、北海道から千葉県に至る太平洋沿岸地域の自治体は、防災措置の強化を求められます。

この地域は3メートル以上の津波と震度6以上の地震が発生する危険があります。

被害地域住民は、津波警報が発令されるとすぐに、その地域で避難経路を確認し、携帯する緊急物品を梱包するなどの避難準備をするように求められました。

しかし、警報を発令しても必ずしも大きな地震が続くという意味ではありません。

列車は運行停止を要請されず、事業体も閉鎖要請を受けなかった。 住民たちはいつものように日常生活をしながら準備をするように頼んだ。

過去には、日本海口と千島海口一帯で大規模な地震が頻繁に発生していました。 これには、規模9の2011年東日本大震災も含まれます。

新しいアラームが必要であるという概念は、いくつかの暗い予測によって導かれました。

最近の推定によると、夜遅く冬に震度9の地震が海口を襲うと約199,000人が死亡すると言われています。 千島海口で発生すると10万人が死亡すると予想しました。

津波による被害に加えて、寒い地域に住む多くの人が低体温症で死亡する可能性があります。

しかし、防災意識が向上し、より多くの人々が早期に安全な場所に避難する場合、総死亡者数は日本海口地震で47,000人、指示馬海口で1人から44,000人に減少します。

専門家は、このような災害が発生したときに緊急避難所として指定された建物を使用すると、死亡者が80%も減少すると予想しています。

中央政府は今後30年以内に指示馬海口で大規模な地震が発生する可能性が7~40%に達すると明らかにしたため、予防措置を強化する必要が緊急だと見ている。

しかし、規模7以上の地震が発生してから1週間以内に、その後の地震が発生することは非常にまれです。 世界中のどこでもそのようなことが起こる確率は1%に過ぎません。

しかし中央政府は、2011年の地震が発生する2日前に、三陸沖で規模7.3の地震が発生したという事実に注目している。

大規模な地震が予想外の方法で発生する可能性があることは言うまでもありません。

震源と推定される地域では、2年ほどごとに規模7以上の大規模地震が発生すると中央政府が明らかにしました。

READ  日本、福島原発の放出をサポート促し

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close