日本、ついに「オッペンハイマー」上映、誘発警告とともに広島不安

Estimated read time 1 min read

最優秀作品賞受賞者「オッペンハイマー」は、議論の余地がある草の根マーケティング推進と原子爆弾を経験した唯一の国で核テーマがどのように受け入れられるかについての懸念があったか、8ヶ月ぶりに金曜日についに日本で初演されたとロイターは報じました。

今月アカデミー授賞式で最大の受賞作であるクリストファー・ノラン監督の映画は、原子爆弾開発に先駆けていた米国の物理学者J.ロバート・オッペンハイマーを扱った映画で、世界的に約10億ドルの収益を上げました。

しかし日本はハリウッドの主要市場であるにもかかわらず、これまで全世界上映から除外された。 第二次世界大戦が終わる頃、核爆発が西都市広島と南長崎を荒廃させ、20万人以上の命を奪われました。

広島に居住する川井(37)は「もちろんこの映画はアカデミー賞を受ける資格のある驚くべき映画」と話した。

「しかし、映画は原子爆弾を賛美するような方法で描写することもあり、広島に根ざした人としては見づらかったです。」

公務員の驚いた映画の熱烈なファンである川井は、開封日に都市の原子爆弾ドームからわずか1kmの劇場で「オッペンハイマー」を見に行った。

続いて「この映画が日本国民が特別に努力すべき映画なのかよく分からない」と付け加えた。

ソーシャルメディアの画像には、東京の一部の劇場の入り口に掲示された標識が示されており、映画には爆弾による被害を引き起こす可能性のある核実験画像が含まれていると警告しました。

もう一つの広島住民である金川あげみは、映画を見て交錯した感情を感じた。

引退した65歳の高齢者は「この映画は見る価値があった」と話した。 「しかし、最後にオッペンハイマーがアメリカで裁判を受けるなど、いくつかの場面でとても不快感を感じました」

この映画は昨年7月に米国で公開された後、一気に全世界的にヒットした。 しかし、多くの日本人は、同じ時期に開封した泡の多いブロックバスター「Barbie」とつながるファンが作った「Barbenheimer」オンラインミームに不快感を感じました。

ユニバーサル・ピクチャーズは、最初に「オッペンハイマー」のグローバル開封スケジュールから日本を除外しました。 結局、日本の独立映画配給会社であるビターズエンド(Bitters End)に選定され、公開日はオスカー授賞式以後に取られた。

原子爆弾生存者の八幡照子は、映画公開前のロイターとのインタビューで、この映画が核兵器に対する議論を再び呼び起こすことを願って、この映画を見たいと言いました。

現在86歳の八幡は、爆弾の後ろに隠れた物理学者に対してある程度共感を感じたと話しました。 金曜日に映画を見た19歳の生徒の金本リシュも、そのような感情を感じました。

金本は「原爆が投下された広島と長崎は確かに被害者」と話した。

「しかし、私の考えには発明家が加害者の一人であっても、彼はまた戦争に巻き込まれた被害者でもあります」と彼は不運な物理学者に言及し、付け加えました。


READ  感情的な一週間後、NFLはいつものように戻ります
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours