トップニュース

日本、より多くのCOVID-19ワクチンの承認、緊急事態の拡大

2021年5月12日、スイスのチューリッヒにあるOffene St. Jakob Kirche Reformed教会でコロナウイルスの拡散が続くに従ってModerna COVID-19ワクチンが含まれている病気がSwiss Medix保健センターの一時予防接種センターで発見されました。 REUTERS / Arnd Wiegmann

日本は先週の金曜日、当局が遅れている予防接種キャンペーンを加速するために2つのコロナウイルス対策を追加で承認することにより、沖縄南部の島を覆うために緊急事態を拡大しました。

Moderna Inc(MRNA.O)とAstraZeneca PLC(AZN.L)の新た承認されたワクチンは、Pfizer Inc(PFE.N)とBioNTech SE(22UAy.DE)が共同開発したワクチンと一緒に2月中旬に開始されました。

AstraZenecaのワクチンは、当分の間使用されていないと会社は言った。 以前のメディアは、政府が血栓と、いくつかの出血の懸念のための使用を保留すると述べた。

コロナウイルスの対応努力を導いている西村康豊島経済長官は、記者たちに「予防接種を希望するすべての高齢者が7月末までに二回の予防接種を迎えることができるように最善を尽くした」と述べた。

日本は人口の4.1%だけ予防接種をした。 Reutersのグローバルトラッカーは、世界で最も大きく、豊かな国の中で最も遅い速度です。

大流行との闘いのための封鎖措置を終了始め、他の7つのグループ(G7)国とは異なり、日本の多くの国は、4次感染の波の中で、まだ緊急制御を受けています。

金曜日に、政府は、沖縄を最も厳格な緊急措置をとる9県の一覧に追加しました。 ここには、約2ヶ月後にオリンピックが始まる東京都含まれます。

JAPAN INC、オリンピックのために大衆の恐怖

オリンピックがスーパー拡散イベントに変わることを恐れが続いて今年のオリンピック開催のために国民の大多数の反対を確認しました。

よりたくさんの ロイター企業調査 金曜日に発表された日本企業のほぼ70%は、オリンピックがキャンセルされたり延期されることを望んで明らかにした。

沖縄の緊急事態は日曜日から6月20日までの約1ヶ月の間続くとシュガー義久に首相は5月31日終了時点を越えなければならないと述べた。

日本が緊急事態を拡大することは、3週連続である。 約695,000人の感染と12,000人の死亡で日本は、より多くの感染性の亜種の急増に医療システムがますます圧迫を受けていることを発見しています。

7月23日から始まるオリンピックを契機に、東京は感染症や医療システムへの負担を軽減し、今月に予定通りの緊急事態から脱しという圧力を受けています。

金曜日にSugaと30分間の会議を終えてYuriko Koike東京支社は、次の週に大量の予防接種を開始することができに対するワクチン消耗品を入手したと言いました。

二人は今年の夏、「安全な」オリンピックのために働くことに合意したと、後で記者団に語った。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本のマラソン記録を立てた鈴木健吾はまだショックを受けている。 (写真================================================ ================================================== ================================================== ================================================== ================================================>) )

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close