技術

日本、アジアで再開の勢いを知らせる観光客を歓迎

日本は6月10日から2年で初めてパッケージ旅行の訪問者の日本入国が許可されます。 いくつかの制限が残っていますが、これはインバウンド観光の完全な再開のための道を開きます。 これはまた、日本経済再開のもう一つのステップであり、CIOはこれがFY22の消費回復と収益創出に役立つと信じています。

実際、CIOは、2012年度に52%増加した日本企業収益が、2010年度に7%増加した33.7兆円に達すると予想しています。 これは2008年以降の最高水準で、円安が実績を裏付けており、コロナ以前の水準を超えたものです。 バリュエーションが10年ぶりに最低値に近づくにつれて、下落幅が制限的だと考え、一部の業種で株価が反転すると予想しています。

より具体的には、CIOは高い配当利回りと魅力的なバリエーションのために日本の金融を好む。 黒田春彦日本銀行総裁の任期が2023年4月に期限切れになると、日本金融機関も潜在的な金融政策変化の恩恵を受けることができます。 また、サービス産業は政府の循環によって日本経済再開を活用するのに良い位置にあります。 経済を活性化するため。

アジア全域で再開場の勢いがすでに本格化しており、様々な東南アジア経済のサービス部門に活力を吹き込んでいます。 CIOは、マクロ経済的不確実性の中で価値主が成長を上回るべきであると信じています。

バリュエーションも魅力的だ。 日本を除くアジア株式の帳簿価格は、過去の危機水準に近い約1.3倍に落ちました。 同様に、この地域の先行株価収益率(PER)は12倍に下落し、これは15年の平均で約15%割引を意味します。 工業材料、金融、材料などのリフレッシュレシピエントは、歴史的手段と比較して最も安いセクターであり、ITセクターは平均割引価格で取引されています。

そのため、CIOは中国の移動制限の延長、消費者技術の見通し、投入コストの上昇により、今年日本を除くアジア地域の収益成長率推定値を4.9%に下げたが、産業、金融、エネルギー、素材。

CIOはまた、半導体、金融、通信サービス、消費者セクターで強力な余剰キャッシュ・フローを生成し、株主利回りを提供する優れた品質の名前を好みます。 これは、グローバル金利が高い状況でより良いパフォーマンスを生み出すためです。 長期的には、CIOは技術のABC(AI、ビッグデータ、サイバーセキュリティ)などの世俗的なトピックとデジタル購読のリーダーが投資家に報酬を提供する必要があると信じています。

アジア投資の詳細は、 ここをクリック

主な貢献者: UBS社説

READ  Pixel 6:Googleの主力製品は、5年前のカメラのハードウェアでiPhone 13に挑戦します。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close