トップニュース

日本、アジアのエネルギー転換のための100億ドルの財政支援を約束

日本の東京、6月21日(ロイター) – 日本は月曜日に再生可能エネルギー、エネルギーの節約とエネルギーを支援するために、石炭火力からのガス火力発電への移行のような、アジアの脱炭消化プロジェクトに100億ドルの財政支援を提供していすることを約束しました。 変形。

アセアンエネルギー長官との仮想会議で、日本経済部長官梶山浩(Hiroshi Kajiyama)は、それぞれの国がカーボンニュートラルに向け現実的なパスを設定し、これを達成するためのロードマップを開発するのに役立つなど、地域の様々な支援措置を提案した。

Kajiyamaはアセアン10カ国が参加した会議で「私たちはアジアのエネルギー転換の取り組みをアジアでカーボンニュートラルへの現実的な転換のための日本の支援パッケージとして提案します」と言いました。

日本の公共部門と民間部門の融資や投資を含む財政支援は、二酸化炭素排出量を減らすのに役立つプロジェクトを目指して、各国のカーボンニュートラル目標に貢献すると産業省、国際事務局職人Takeshi Sodaは言った。

これらのプロジェクトには、天然ガスが石炭と大規模な移行燃料の代替として考えられているため、ガス発電所と液化天然ガス(LNG)の受信端末の建設が含まれていると、彼は電話でロイター通信に語った。

ソーダは「国際金融業界での化石燃料プロジェクト売却における迅速な進展があった」と述べた。

「しかし、アセアンでの炭素中立性を達成するために、エネルギー変換に貢献する様々なプロジェクトや技術への投資と資金調達を誘致するためのメカニズムを作ることが重要です」と彼は言いました。

Reporting by Yuka Obayashi Editing by Chizu Nomiyama

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  DCM島忠TOBの条件変更も考えずに - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close