日本、アジアのジュニアフェンシングメダル集計| デイリートリビューン

Estimated read time 1 min read

TDT | マナマ

デイリートリビューン – www.newsofbahrain.com

日本は2024年、リファの取締役スポーツシティで幕を閉じたアジア・ジュニアおよび生徒フェンシング選手権大会ジュニア部門で総合優勝を獲得しました。

日本は金メダル4個と銅メダル3個を獲得し、7個のメダルを獲得しました。

土曜日の女子ジュニアエペ大会で金メダルの1つが獲得されました。 本間水樹、岸本凛、中村真琴、菅田舞の4人組が優勝した。

中国が銀メダルを、銅メダルは韓国が持っていった。 他の大会ではウズベ

キスタンはジュニア女子サブル団体戦で金メダルを獲得し、中国香港はジュニア団体男フルールーで優勝を獲得した。

勝利したウズベク・サブルの軍隊は、ルイザ・フェルナンダ・ヘレラ・ララ、ナルギザ・ジャクシバエヴァ、グリスタン・ペルディバエヴァ、サミラ・ショキロワで構成された。 銀メダリストは中国、香港、銅メダルはカザフスタンが占めた。

中国の香港では、Tit Nam Cheng、Chi Lok Choi、Ho Long Lam、Long To Chris Makがフォイル四重奏団に勝利しました。

シンガポールが銀メダルを、日本が銅メダルを獲得しました。 全ジュニアメダル集計で日本に続き、ウズベキスタン、中国、韓国、香港が続いた。

READ  Dina Asher-Smith、FBK Gamesで女子100mで優勝し、東京オリンピックの場所予約| オリンピックニュース
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours