理科

日本、アジアホールドアウトの減少で10月に完全に再開

東京 — 世界で最も厳しい感染症関連の国境管理を施行してから約2年半が過ぎた木曜日、日本はかつて収益性の高い旅行産業を活性化するため、来月にほとんどの観光客をついに歓迎すると発表しました。

国連総会に出席するニューヨークの岸田文夫首相は、10月11日に日本が日々入国数制限をなくし、旅行代理店を通じて訪問予約とビザを受けなければならなかった観光客を許可し始めると述べた。 全国を自由に移動できます。

公営放送のNHKによると、岸田さんはレセプションで「世界中の人々が「私たちはいつ日本に行くことができますか?」と尋ねます。 「今、彼らは日本を訪れ、日本料理を味わう計画を立ててほしい」

この発表は、他の2つの主要なアジア抵抗軍も最後の国境制限を解除するために動いている中で出てきました。 台湾は木曜日、早ければ10月13日まで訪問客に対する3日間の義務的隔離を終了すると明らかにした。 香港は金曜日に同様の措置を発表すると予想され、これはコロナ19と一緒に暮らすための最大の措置です。

2020年初めにファンデミックが迫った時、日本はすぐに国境を閉鎖し、市民ではなくほぼすべての人を封鎖しました。 しかし、国境を再開することは、ほぼすべての主要国が完全に再開されてから長い間徐々に取られたプロセスでした。

国境を開放することにした決定は、日本のCovid事例が数ヶ月ぶりに最も低い数値に落ち、日本の通貨がほぼ25年ぶりにドルに対して最も弱い水準を振り返ってきたことです。

円の暴落は国内消費者に苦しむことですが、政府は日本が安い値を求める観光客にとって魅力的な目的地になることを希望しています。 過去1年間で20%以上下落した円は金曜日に1ドル当たり142選を振り返った。

過去10年間、国際観光は日本でますます重要な産業となってきました。

政府データによると、2019年に3千万人以上の国際観光客が日本を訪問したが、これは6年前に比べて約3倍増加した数値である。

大流行が起こったとき、その国はほとんどすべての海外旅行を禁止し、ビジネスを含むあらゆる目的でビザを取得することはほとんど不可能でした。 数十万人の外国人住民がこの国で生活し、数ヶ月間家に閉じ込められ、夫婦と家族を分けました。

予防接種が可能になった後、国は暫定的な再開を開始しました。 ビジネスと学業のための限られた旅行は今春に再開されました。 しかし、観光は厳密に管理されたパッケージ旅行に参加する人に大幅に制限されました。

財界指導者たちは、日本が残りのG7先進国に対する制限解除に遅れて自ら損害を見ていると主張し、政府に全面再開放を促したが、公務員たちはゆっくり動いた。

一部の批評家は、政府が制限を維持するという決定は科学ではなく政治に基づいていると言い、日本が歴史の初期の時期を特徴付ける一種の孤立状態に陥っていると警告しました。

再開場は、抑圧された旅行需要の洪水を引き起こし、大きな打撃を受けたこの国の旅行および接客部門に必要な衝撃を与えることができます。

しかし、インバウンド観光は遅かれ早かれ、感染症のレベルに達しません。 2019年のインバウンド観光の約30%を占めた中国の観光客は、北京の厳しいコロナウイルス対策方針に基づいて旅行能力が厳しく制限されています。 中国は、ウイルスを除去するために国境を大幅に閉鎖した最後の主要国です。

国内では、日本はホテル、レストラン、いくつかの娯楽のために日本の居住者に政府補助金の割引を提供することで観光を奨励する計画だとキシダ氏は述べた。 これは前任者の菅吉秀がファンデミック初期に消失した国内観光を支援するために導入した「旅行へ移動」として知られる計画の復活です。

日本に入国しようとする旅行者は、コロナウイルスワクチンを3回当てたという証拠を提示するか、日本に出発する72時間以内に音声検査を受けたという証拠を提示しなければなりません。

上野久子 報告に貢献しました。

READ  NASA、「ジャンク」を飛ばすために国際宇宙ステーションを移動する

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close