日本、アジア初の大会で輝く

1 min read

1959年のミュンヘン会議で、IOC指導者たちはデトロイト、ブリュッセル、ウィーンなどと競い合って東京を選び、歴史上初めてオリンピックをアジア大陸に任せました。 これで日本の首都に「お世話になりました。」 東京が1940年に開催することにしたオリンピックは、3年前に中日戦争が勃発して開催されませんでした。

そして東京オリンピックは反転でした。 開幕式では、オリンピック聖火が点火されました。 やしのり堺[1945年8月6日、文字通りその都市に原子爆弾が投下された日、彼は広島で生まれた19歳の青年でした。[1945년8월6일문자그대로그도시에원자폭탄이투하된날그는히로시마에서태어난19세청년이었습니다

勤勉な日本人は、18回オリンピックを組織するために膨大な財政資源だけでなく、すべての知識と資源を投資しました。 27億ドルは東京の広場、通り、通り、交通交差点、オリンピック競技場などの配置にのみ投資され、これによりその巨大都市がより魅力的な姿を整えるようになりました。

競技プログラムには、日本で人気のある2つのスポーツである柔道とバレーボールが含まれていました。 主催国は柔道で金メダル3個を獲得したが、オランダ人の驚くべき勝利に衝撃を受けました。 アントン・ゲシンク 絶対カテゴリーで日本が女子バレーボールで勝利しました。 男子バレーボールで最初の男子オリンピックチャンピオンはソ連で、決勝でチェコスロバキアを倒した。 日本は3位でした…

ユーゴスラビアは東京オリンピックでメダル5個を獲得し、1928年アントワープでの成功を繰り返しました。 しかし今回はメダルがさらに輝いていました。 金メダル2個、銀メダル1個、銅メダル2個でした。 したがって、日本で開かれたユーゴスラビアは歴史上最高の成果を収めました。

彼はユーゴスラビアのグレコロマンレスリングで最初の金メダルを獲得しました。 ブラニスラフ・シミックそして28年の休息と栄光の後 レオン・ストゥケリー1体操選手が再び輝いた – ミロスラブ・セラール SFRJのマッサージ種目から金メダルを獲得しました。

銀メダルは再びウォーターポロ選手たちが占めたが、彼らは3連続でハンガリーの背中を眺めました。 今回は興味深いことに、彼らは敗北を経験しなかったにもかかわらず2位を占めました。 最後の条では、彼らはイタリア(2:1)とソ連(2:0)に勝ち、ハンガリー(4:4)と勝利しました。 ユーゴスラビアはハンガリーより得点差が低く、2位を占めました。

東京で開催されたユーゴスラビアスポーツメダルコレクションは、織機で銅メダルを獲得したミロスラフチェラールとレスラーによって再び完成しました。 ブランコマルティノビーチ (青銅度)。

写真:オリンピック

日本オリンピックに関する最も美しい物語の1つは、18歳のアメリカの水泳選手によって書かれました。 ドンショルダー (略称Don)は4つの金メダルにちなんで英雄になり、当時記録(100mと400m自由形、4x100m自由形と4x200m魂界英)と3つの世界記録、1つのオリンピック記録を立てました! 彼の肩には一人の田舎の女性がいました。 シャロン・スタドラー 金メダル3個と銀メダル1個を獲得しました。

伝説的なソ連体操選手 ラリサラティーナ 東京で金メダル2個、銀メダル2個、銅メダル2個を獲得した彼女は合計18個のオリンピックメダルを獲得し、彼女の記録は今日も壊れていません。

写真:www.polyvore.com

オーストラリアの水泳選手 ダン・フレイザーその後政治的キャリアを積んだ彼女は、3年間サウスウェールズの国会議員でした。 100mフリースタイルで優勝して3連覇金メダルを獲得し、同じ業績を達成した人は次のとおりです。 ビチェスラフ・イヴァノフシングル種目で3回目の優勝を同点にしたソ連のノープレイヤー。 ハンガリーのウォーターポロ選手 デシダルマティ一方、彼は団体戦で5回連続オリンピックメダルを獲得しました。

エチオピア人 アベベビキラ 彼は盲腸手術からしばらく回復した後、マラソンでタイトルを守った最初のオリンピック選手になりました。 興味深い点は、4年前にローマで開かれた初優勝マラソンでビキラが素足で走り、東京では彼のために特別なスニーカーが制作され、最も難しい運動種目でオリンピック競技史上最高記録の一つを記録しました。 2.12,22。

写真:オリンピック

東京オリンピックは1964年10月10日から24日まで行われ、93カ国で5,151人のオリンピック選手(女678人)が19種目に参加しました。 アメリカは金メダル36個、銀メダル26個、銅メダル28個で最も成功した選手の王座に上がりました。 ソ連は金メダル30個、銀メダル31個、銅メダル35個で2位を占め、開催国日本は3位(16 – 5 – 8)を占めました。

READ  ドイツ・スペイン、「死の軍団」脱退を好む
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours