トップニュース

日本、アフガニスタンで国民1人撤退、任務継続

日本は金曜日自衛隊の航空機に乗ってアフガニスタンで1人の国民を避難させ、政府は最近、タリバンの政権以降脱出しようとする人々を戦争で疲弊した国で、より多くの連れて来るための努力を続けると明らかにした。

SDF航空機は少なくとも100人が死亡したカブール空港近くで、致命的な爆発が発生した後、セキュリティ緊張が高まった中で、市民数人を含む最大約500人を避難させる任務の一環として、アフガニスタンを離れ隣人、パキスタンのイスラマバードで向かいました。

金曜日イスラマバードに到着した飛行機はカブールに居住し、そこでのビジネスをしている共同通信スタッフ安井ひろみ(57)が乗っていた。 政府の管理によると、少数の日本人がアフガニスタンを去るを望んでいないままです。

日本の航空自衛隊C-130輸送機が2021年8月24日、日本の東埼玉県の自衛隊入間基地を出発します。 (教徒)

日本はカブールで避難するために作戦基地であるイスラマバードにC-2輸送機1台とC-130 2台など自衛隊の航空機の3台を送った。 関係者は、飛行機がカブールの発展状況を把握するために、隣国で待機すると述べた。

政府は、日本の国際協力団の現地スタッフを含む人々の避難の努力が続くと明らかにした。 外交筋によると、JICA現地スタッフを含めて最大500人、アフガニスタンで避難する予定である。

大使館やその他の日本代理店で、自国民と現地スタッフの避難は数回失敗した後に行われました。 厳しいタリバンチェックポイントのために、人々が自らの空港に到着することができなかったからです。

米軍がカブール空港の管制塔を保っている間空港周辺のセキュリティはまだ予測できません。

日本は8月31日、米軍撤退期限を控えた自衛隊の安全作戦のために金曜日の限界に見撤退努力に拍車をかけている。 茂木町ミス外相は期限が過ぎると工数を実施することは困難と述べた。

自衛隊の飛行機がカブールに数回着陸したが、日本人や現地スタッフを乗せることができませんでした。

ISIS-Kと呼ばれるイスラム国家武装組織の系列会社による自爆テロと疑われる二つの爆発が木曜日に発生しました。

加藤勝信官房長官が2021年8月27日、東京で記者会見をしている。 (教徒)

イスラム国家(IS)は、今回の攻撃の責任を主張しており、ジョー・バイデン米大統領は責任者に責任を問うと約束した。

加藤勝信官房長官は爆発後、日本人と現地スタッフの間で死亡や負傷の報告を受けたことがないと述べた。

「状況が流動的で予測することができませんが、私たちは、米国およびその他の関連国と緊密に協力して派遣される私たちの国の従業員の安全に細心の注意を払いながら関連人々の安全な避難を実現するために努力を続けると思います。カブール空港」と定例記者懇談会で述べた。

彼は「日本はどのような形でどのような目的であれ、テロリズムを強く糾弾する」と付け加えた。

フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国とカナダは、アフガニスタンの状況が悪化し、4日、避難任務を終了すると発表した。

爆発にもかかわらず、岸信夫防衛相は、米軍が空港の安全を確保したと言いながら、自衛隊はまだ人々を輸送することができると提案した。

しかし、国防部と自衛隊の関係者は、日本が現場の状況を認知していない状況で、「誤った政治的決定」というなどの関連自衛隊要員の安全を脅かす突発状況について不満を表明した。 。

自衛隊将校は緊張した雰囲気の中で、これらの任務を遂行するのは珍しいことだと述べた。

日本の外交官は、先週カブールの大使館が閉鎖された後、タリバンが首都を掌握して執権してから20年ぶりにドバイに避難しました。

外国政府がアフガニスタンで自国民を避難させるために急いでいる中で、日本が避難任務のために自衛隊を派遣すると明らかにしたのは、8月23日だった。

外交部の関係者は、「(日本が)より速く措置をとる場合は、状況が変わっただろう」と述べた。


関連範囲:

カブール空港近くの爆発で少なくとも70人が死亡、140人が負傷

タリバンは、アメリカのカブールに大使館を維持するように要求してセキュリティを確保します

日本、混乱の中で、アフガニスタン撤退任務努力を続ける


READ  韓 - 日嵐の雲ドア大統領のオリンピック訪問決定

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close