日本、アフガニスタン国民安全確保

Estimated read time 1 min read

日本はタリバン武装勢力がカブールを占領した後、その安全性を確保するためにはまだアフガニスタンの「少数」自国民と緊密に接触していると、政府の最高のスポークスマンが水曜日発表した。

タリバンが日曜日に戦いなし掌握した後、アフガンの首都のセキュリティ状況が悪化する中で、日本は大使館を閉鎖し、最後の12人の人員を撤収させた管理者が、今週に語った。 加藤勝信官房長官は記者会見で、まだ、アフガニスタンに残っている日本人の負傷者がいないことが報告されたが、安保上の懸念を理由に詳細を明らかにするを拒否した。

外務省関係者は、これらのほとんどが、国際機構との関連があると明らかにしたが、その数がどの位かなどの詳細は、明らかにを拒否した。 彼は「まだアフガニスタンの日本人の安全を最優先課題としている」と述べた。

日本の国際協力団(JICA)は、セキュリティ状況の悪化とコロナ19ファンデミクの不確実性により、6月の最後の日本人スタッフが離れたと述べた。 もう一つの主要海外機関、日本の対外貿易機構(JETRO)は、アフガニスタンに事務所を置くことがない従業員がなかった。

(この話はDevdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  アメリカのインフレ冷却。 日本円の弱気維持
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours